ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG-F490LがLGの“Odin”プロセッサを搭載した最初のスマートフォンになるという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG未発表型番「LG-F490L」にLG製プロセッサ“Odin”が搭載されるという噂がTwitterで伝えられていました。今回の情報は、Twitterの情報通 UpLeaksさんいよるものです。証拠となるような情報が公開されていないので、あくまでも噂レベルの話になりますが、LGがだいぶ前から開発している“Odin“プロセッサは最初にLG-F490Lに搭載されれ見込みとのことです。LG-F490Lは、型番からLG U+向けの機種と考えられます。“Liger”というコードネームを持つことも噂として伝えられています。このLG-F490Lに搭載される“Odin”プロセッサですが、これには主にスマートTV向けのクアッドコア版と主にスマートフォン・タブレット向けのオクタコア版が存在すると言われています。以前の情報によると、“Odin”のクアッドコア版はARM Cortex-A15を4基搭載した2.2GHz駆動のCPUと700MHz駆動のARM Mali-T604 GPUを内蔵しており、オクタコア版は最大2.0GHz駆動のCortex-A15を4基と最大1.4GHz駆動のCortex-A7を4基搭載したCPUとARM Mali-T604または600MHz駆動のARM Mali-T624 GPUを内蔵しているそうです。Source : Twitter



(juggly.cn)記事関連リンク
Kirin 920を搭載したHuawei未発表スマートフォンの写真が公開、指紋認証機能も搭載しているらしい
Google、Google Glassのパートナー認定プログラム「Glass at Work」を開始
Xperia用のYouTubeライブ配信アプリ「Live on YouTube – by Xperia」がダウンロード可能に(apkファイルもあり)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP