ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

住宅展示場でおなじみ! キャラクターショーのウラ事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

住宅展示場や遊園地などでよく見かける戦隊ものヒーローやキャラクターのショー。ショーだけでなく握手会や撮影会などもあり、子どもたちには言うまでもなく大人気のイベントだ。住まい探しのついでに、子どもたちも楽しめるとあってうれしいママ、パパも多いのでは?

今回は、そんなキャラクターショーにまつわる裏話について、ショーの派遣・企画事業を行っているエミール東京(http://web.emile-tokyo.com/)の方にお話を伺った。

■正義の味方を呼ぶのにいくらかかる?

「1日につき、30分のショー×2回で54万~60万円程度(ショースタッフ9~10名・音響スタッフ含む)が相場かと思います。これに、音響機材4万~5万円、運搬費数万円、管理スタッフ2万~3万円などが加算されます。さらに、スタッフ食事・ステージ・脇隠れテント・控室・駐車場・警備スタッフ・警備用品などはお客様のご負担となります」ちなみに、版権元直接扱いか企画会社経由なのか、またキャラクターによって、実施金額が変わるという。人気の高いキャラクターを呼ぶのにはそれなりのお金がかかるようだ。

■ショーのストーリーって誰が考えてるの?

「ストーリーは全て版権元が決定しています。1キャラクターショーにつき1ストーリーが基本ですが、ショーの運営会社によって多少違いがあるようです。また、ストーリーは毎年更新されます」■ショーの最中に起こったハプニング集

「キャラクターによっては、いわゆる“追っかけ”と呼ばれる熱狂的なファンの方がいるため、警備を厳重にしています。隠れテント(着替え室)に近づこう・覗こうとされる方が、なかにはいらっしゃいます。また、興奮したお子さんが客席で立ち上がり、後ろのお客さんとトラブルになったりすることもあります」キャラクターショーに熱中するのはいいことだが、スタッフや周りの観客への配慮を忘れてはいけない。

■キャラクターショースタッフの苦労話

「背の低いキャラクターは、スタッフが膝を折って動いていますので大変な労力です。また、テレビで大人気でも、ショーの観客は小学校低学年までのお子さんが多いので、キャラクターによっては集客に結び付かないという悩みもあります」常に親子連れでにぎわうキャラクターショー。住宅展示場などのイベントに足を運ぶ際には、大人目線でそんな裏事情に思いをはせながらも、子どもたちとショーを楽しむのも面白そうだ。

元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/06/14/63993/

【住まいに関する関連記事】

住人同士が活発に交流、大家が仕掛ける賃貸コミュニティ醸成術
地域交流イベント「住宅デー」で、日本の職人技の魅力を再発見
契約の条件は地域活動への参加 学生専用マンション「ワテラス」とは?
「家事塾」がオススメする、子どもに家事を手伝ってもらうための方法
金沢発! 町家の最期を見送る「おくりいえ」プロジェクトとは?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP