ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎月7000万人以上が使う、エンターテイメント性満載のメッセンジャー「Tango」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メッセンジャーツールは今世界でも非常にホットな市場の1つで、王道的なものから、切り口を変えたものまで様々なサービスがリリースされている。

それで言うと、今回紹介する「Tango」というサービスは1対1やグループでのチャットや、通話ができるまさに王道的なメッセンジャーである。

一方で、通常のメッセンジャーツールに比べて、よりソーシャル性やエンターテイメントの要素が強いのが1つの特徴となっている。

例えば自分の現在地の近くにいる友人がわかる機能や、自分が知っているかもしれないユーザーをレコメンドしてくれる機能があったり、ニュースフィードを通して写真を共有したりコミュニケーションをとったりと、ソーシャル性がかなり強い。

また、ゲームや音楽を探して楽しむことも可能で、エンターテイメント要素も兼ね備えている。

さらに先日リリースされた「channel」という機能によって、ブランドとファンが「Tango」を通してより密接に繋がれるようになった。

このサービス1つで、友人や家族との日々のコミュニケーションをとったり、音楽やゲームを楽しんだり、自分の好きなブランドの最新情報をゲットできたりと新しいプラットフォームとして注目を集めている。

多額の資金調達も実施し、更なる成長が期待されているだけに、今後の動向が非常に楽しみなサービスだ。
Tango

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP