ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SonyのWi-Fiデジカメをリモート操作できるAndroidアプリ「Recacon」がv1.5にアップデート、「おまかせオート」「プレミアムオート」「プログラムオート」が利用可能に、オートブラケティングモードも追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SonyのWi-Fiデジカメをリモート操作できるAndroidアプリ「Recacon」がv1.5.0にアップデートされ、撮影機能が強化されました。まずは、Recaconでサポートされている撮影モードの露出を「おまかせオート」、「プレミアムオート」、「プログラムオート」の3種類から選べるようになり、シーンに応じたモードで寫真や動画を撮影できるようになりました。また、撮影モードを「ノーマル」で利用している場合、画面左下に「DSP」ボタンが表示されるようになり、露出補正(EV)、ISO感度、ホワイトバランスを手動で調節できるようになりました。さらに、新しい撮影モードに「オートブラケティング」が追加されました。オートブラケティングは同じ被写体を露出を変更しながら複数枚撮影することで、Recaconでは、EVとISO感度を±1~±2の範囲で自動的に切り替えながら撮影します。「Recacon」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、AndroidのGoogle検索画面にFIFAワールドカップブラジル大会のNowカードを配信開始
Huawei、Snapdragonプロセッサを搭載したAscnend Mate 2 LTEモデルを米国で販売開始
Rovio、Angry Birdsシリーズ初のRPGゲーム「Angry Birds Epic」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。