ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【タイの外出禁止令】一挙に20県の外出禁止命令解除決まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

平和秩序評議会(NCPO)は6月10日夜9時10分から軍営チャンネル5テレビ(TTV5)を通じて発表した布告で夜間外出禁止命令の対象地域を大幅に縮小することを決定しました。

今回、外出禁止が解除されるのは北部北方から南部まで、主要な大都市のない県を中心に全部で20県に上ります。

《北部北方》
・メーホンソン県(全郡)
・プレー県(全郡)
・ナーン県(全郡)

《北部南方》
・ウタラディット県(全郡)
・スコタイ県(全郡)
・ターク県(全郡)

《中部》
・トラート県(既に解除済みのコチャン郡を除く全郡)
・チャンタブリ県(全郡)
・ラヨーン県(全郡)
・カンチャナブリ県(全郡)
・ラチャブリ県(全郡)
・ペッブリ県(既に解除済みのチャアム郡を除く全郡)

《イサーン》
・ルーイ県(全郡)
・サコンナコン県(全郡)
・ナコンパノム県(全郡)
・ロイエット県(全郡)
・スリン県(全郡)

《南部南方》
・トラン県(全郡)
・サトーン県(全郡)
・ソンクラー県(県都ソンクラー市とマレーシア国境のあるサダオ郡のみ)

この結果、既に実施されているプーケット・パンガー・クラビも含めて77県中22県が全域外出禁止命令の対象から外れました。

残るは主要な大都市のある県となりますが、チェンマイ県はチナワット家の出身地で未だに支持勢力が強いこと、ウドンタニ県は県内を拠点とするタクシン系(UDD)過激派の武装解除が進んでいないこと、バンコク首都圏とサムットプラカン県は反クーデター集会を抑え込めていないことを理由に、引き続き夜間外出禁止命令が適用されます。

Manuscript: Traveler’s Supportasia
Post: GoTrip

GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP