ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FKAツイッグスがデビュー・アルバムをリリース、まずはMVを観よ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インディR&B~レフトフィールドなビート・ミュージック・シーンにおいて、いま現在、最もファースト・アルバムのリリースが待たれていたアーティストと言えるだろう。FKAツイッグスがついにファースト・アルバム『LP1』をリリース。OTOTOYでも8月6日(水)に配信開始!

初期トリッキー+マルチネのコンビを彷彿とさせる、ヘヴィー・ビーツとメランコリックで透き通った女性ヴォーカル。そのサウンドは、ふたたび“トリップホップ”と呼ばれたダウンテンポがまた新たな解釈で、現代に蘇ったかのようだ。

イギリス南西部グロスタシャー州出身で現在はロンドンを拠点に活動をしているFKAツイッグス、ダンサー、ディレクターなどさまざまな顔を持つマルチ・タレント・アーティスト。

彼女はザ・エックス・エックス、サブトラクトなど、UKの最もカッティング・エッジな若手アーティスとここ数年ブレイクさせている〈Young Turks〉が送り出すというだけである意味で注目に値する。

すでにリリースされている「EP1」や「EP2」、そしてInc.とのコラボ・シングルにて話題となり、いまや「BBC・サウンド・オブ・2014」、米でもビル ボードの「2014年注目新人」選出され、DAZED & CONFUSEDの表紙を飾るなど、音楽業界はもちろんのことファッション業界からも熱い視線を向けられている。

また、彼女をバックアップするプロデューサー・チームもまたすごい。トラック・メイカーは、先日も来日したArca、そして彼のヴィジュアル面でのパートナーである映像作家のJesse Kanda。彼らのタッグによる「EP2」収録曲「Water Me」は、人形と生身の人間とが交差するその危うい世界観に大きな注目が集まった。ちなみに、Arcaはカニエ・ウェストの『イーザス』に参加、また彼らのサウンド+映像インスタレーションはNYのMOMAで行われるなど現代アートにおいても注目される存在である。そうしたバックグラウンドに関しても話題の存在と言えるだろう。

そんな彼女のアルバム『LP1』はOTOTOYでも8月6日(水)に配信開始!
(河村祐介)

噂のPV「Water Me」

https://www.youtube.com/watch?v=kFtMl-uipA8

関連作品
・FKA Twigsとのコラボで知られるインクはOTOTOYでも配信中
http://ototoy.jp/_/default/ p/33006

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP