ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自作LINEスタンプで飯が食える!? 上位10位の月売上は平均470万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫


人気クリエイターズスタンプ一覧/画像はLINEウェブストアより (c) LINE Corporation
LINE株式会社は、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム・LINE Creators Marketで、5月8日から6月7日までの1ヶ月間の販売・利用実績を公開した。

LINE Creators Marketは、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプを制作・販売することができるプラットフォーム。クリエイターが制作したスタンプは、審査を通過後、クリエイターズスタンプとして1セット100円で販売することができ、販売額のうち約50%がクリエイターに分配される仕組みになっている。

売上上位10位までのスタンプの平均販売額はなんと470万円!

左:図1|右:図2

4月17日から登録受付を開始して以来、6月7日時点で登録クリエイター数は80,000人(図1)、登録スタンプ数は12,000セット(図2)を突破している。

また、審査が完了し、スタンプの販売・購入が可能となった5月8日から6月7日までの1ヶ月間で、販売を開始したスタンプ総数は1,200セット、購入されたスタンプ総数は170万セットを記録。販売総額は1億5千万円を突破した。

左:図3|右:図4

なかでも販売金額上位のスタンプ平均販売額(図3)は高額で、売上上位10位までの平均が470万円、30位までが260万円にものぼる。クリエイターにはこの売上の約50%が分配されるため、売上上位層は相当の収入を得ていることになる。

さらに、スタンプ1セットあたりの販売額比率(図4)を見ると、販売中のスタンプ総数のうち61.7%が1万円を突破するなど、売上上位以外のスタンプも広く購入されていることがわかる。

また、LINE Creators Marketで販売されたスタンプがユーザー間で送信された回数は8100万回以上にのぼり、既に多くのユーザーに活用されているようだ。

LINEは、「今後も販売対応国の拡大など、多くのクリエイターとユーザーが制作・購入しやすい環境づくりを積極的に行い、さらなるコミュニケーションの活性化に努めていく」としている。

コミュニケーションツールとして使われるLINEスタンプ

クリエイターズスタンプ「アメリカンポップ関西弁」/画像はLINEウェブストアより

上記のように、昔ながらの携帯メールの絵文字よりも、より表情豊かに、時にはセリフとあわせてユーザーの感情を代弁してくれるLINEスタンプ。タップするだけの手軽さで、言葉を使わずとも、意図や感情を表現できるという、非言語によるコミュニケーションを可能にしている。

KAI-YOU.net
カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP