ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロボ声イケメンのプロポーズに“きゅんっ”!? ゼクシィのサイト『イメトレプロポーズ』で妄想全開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


TVCMなどで、さまざまなプロポーズのパターンを見せてくれる『ゼクシィ』。「もっといろんなプロポーズの言葉が聞きたい!」「自分だけのプロポーズシーンが見たい!」という欲張りな女性のために(?)、自分だけのプロポーズが楽しめるサイト『イメトレプロポーズ』を公開しています。

どんなときでもプロポーズで「きゅんっ」とできて、パワーをチャージできるという『イメトレプロポーズ』。なんて素晴らしいのでしょうか。早速、プロポーズを夢見る日々のもやもやをこれで晴らしたいと思い、体験してみました。


『イメトレプロポーズ』というからには、いろいろなシチュエーションで、プロポーズのイメージトレーニングができるサイト。TOPページには“トップスター”だったり、“社長”、“会社の後輩”だったりと、タイプや設定の違うイケメンの彼が5人。


好みの彼を選ぶとその彼のストーリーに進み、プロポーズの言葉を入力する画面に。「プロポーズの言葉を入力してください。」と入っている枠の中に、自分が言って欲しいプロポーズの言葉を50文字まで入力可能。さらにできるのはこれだけじゃない! 声のトーンや早さまで変えることができるという優れたサービス! 声は「甘い」「渋い」「軽い」「元気」から選ぶことができ、しゃべるスピード、声の高さも調節できます。

セリフを入力し、声質を選択。そして「声をプレビュー」のボタンを押すとここでセリフを再生することができ、気に入らなければ声の高さやスピードなどを自分好みに変えられる仕組み。


今回の彼はトップスター(おそらくミュージシャン)なので、その設定にあったセリフを考えます。「一生お前のために歌っていきたい。結婚しよう」と無難な言葉しか思いつかなかったのですが、こういったものはベタが一番!

さっそくプレビューしてみると……あれ? 声がすごいロボットというか、人工音声。明らかにイラストの完成度の高さに力負けしています! 設定がよくなかったのでしょうか。この彼に合いそうな声に設定し、「このプロポーズでイメトレ」をクリック。本番はビシっと決めてくれるでしょう。


ステージから飛び降りて観衆の中から彼女(私)を見つけだすトップスターの彼! おお、かっこいい。迫ってくる彼に思わずドキドキ。イラストは本当に完成度が高いですね。 そしてついにプロポーズの時が!  


……はい、やはりロボ声なんですね。でもその後に流れる歌が気分を盛り上げます。なんとこの最後に流れる歌はTVCMでも流れるEXILE ATSUSHIさんのウェディングソング。少し気の抜けるプロポーズの言葉の後でも、「♪キミとず~っと~」と流れてくると、十分に気持ちを盛り上げてくれる力のあるとても素敵な楽曲です。

この歌もイラストも素晴らしいのですが、再現音声の方がどうも癖がありすぎて、納得いくものが見れません。でも、声がここまでコンピューター声なら、いっそのこと相手がロボットという設定ならば違和感がないのでは!? と思ってきた筆者。


「同棲8ヶ月と15日目の朝」というちょうど良いシチュエーションがあったので、この彼をアンドロイドの設定にしてイメトレ開始。


僕にこんな感情が芽生えるなんて思ってもみなかった。人より無理もできるし、ずっとそばで支えてあげる
♪キミとず~っと~ 一緒に~いたい~ そう思った~
(コチラのURLから確認できます。
http://www.imetore-propose.net/pc/play.php?id=unoFZzAj8sYrk0cF[リンク]

これなら違和感もなく「きゅんっ」とできるのではないでしょうか? 意外と50文字という制限が厳しいのですが、漢字も難なく読み上げてくれるので安心。

また、実際に自分が「きゅんっ」とするかよりも、彼のキャラクターに合ったセリフを考えるのがだんだん楽しくなってきました。

壁ドンで迫る少し高圧的な社長の彼には、ちょっと強気なプロポーズの言葉を言わせてみたりと、楽しみが広がります。
(コチラのURLから確認できます。
http://www.imetore-propose.net/pc/play.php?id=ZmGlQp3DiNRnfpZY[リンク]

選べる彼には“戦国武士の彼”なんていうのもいるので、現実では体験できないプロポーズのシチュエーションを妄想してみてはいかがでしょうか。あなたの考えたプロポーズなら、「きゅんっ」とときめくことができるかも!?

『イメトレプロポーズ』
http://www.imetore-propose.net/pc/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP