ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黄身まで白い!? 資生堂パーラー“こだわりの卵”のロールケーキ2種類を実食レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今年で創業112年を迎えた『資生堂パーラー』銀座本店(レストラン・カフェ・ショップ)では、7月13日まで期間限定イベント「“こだわりの卵”フェア」を開催中。2種類の特徴的な卵を使用したスイーツとメニューを楽しむことができます。今回は1階のショップから、限定のロールケーキ2種類をご紹介します。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/595105 [リンク]


ひとつめは『白いロールケーキ』(税込561円)。お米を食べて育ち、“黄身までが白い卵”を使用しています。この卵はコクがありながらもスッキリとした味わいが特徴なのだとか。


スポンジ生地は適度に空気を含んでいるので、思わず触るのをためらうほどふわっふわ。見た目も真っ白で美しい! 米粉を使用しているので、口に含むともちもち感も味わえます。


クリームにも同じく白い卵を使用。バニラビーンズの香り豊かなカスタードと、リッチな生クリームがたっぷり巻かれています。2〜3人でちょうど良いサイズ感ですが、実際に食べてみると意外に後味はスッキリしているので、一人でも完食できそうです。さっそく編集部スタッフが試食してみました。

食べてみた感想は?

・生地がとてもふわふわで柔らかく、優しい甘さでした。 見た目も真っ白でとてもきれい! (20代女性)
・見た目からは想像できない、さっぱりとした後味。貴重な卵を使用しているにもかかわらずお手頃価格なのもうれしい。(40代女性)
・ただ眺めているだけでもうっとり。一口食べて、口の中でとろけるような優しい甘さにまたうっとり……。これは一度食べる価値アリですよ!(30代男性)


そしてこちらは『烏骨鶏(うこっけい)卵のプレミアムロールケーキ』(税込2000円)。高級感のあるBOX入りです。


良質なビール酵母を飼料とし、産卵数が少なく貴重な“烏骨鶏の卵”を、こちらもスポンジとクリームの両方に使用。濃厚で深い味わいが特徴です。


密度が高くもっちりとした生地の中に2種類のクリームがギュッと詰まっているので、重さはかなりずっしり。大人数でも楽しめるサイズ感です。


生地にはハチミツを加えているので、ツヤっとした焼き色。


シンプルなロールケーキだからこそ、素材の美味しさが際立ちます。

食べてみた感想は?

・生クリームとカスタードの甘さたっぷり。卵の風味もわかるふわふわのロールケーキ。(30代男性)
・きめ細かくしっとりした生地と、中に入った生クリームとカスタードの風味が相性抜群です!(20代女性)
・濃厚なお味に大満足! 卵くささも感じられません。自分へのプチ贅沢に買って帰りたいです。(30代女性)

ほかではなかなかお目にかかれない、2つの“こだわりの卵”のロールケーキ。ちょっとした手みやげにもぴったりです。

製品概要:白いロールケーキ(資生堂パーラー)

■価格:販売価格561円(税込)
■販売期間:2014年6月3日〜7月13日

製品概要:烏骨鶏(うこっけい)卵のプレミアムロールケーキ(資生堂パーラー)

■価格:販売価格2000円(税込)
■販売期間:2014年6月3日〜7月13日

公式サイト:資生堂パーラー
http://parlour.shiseido.co.jp/index.html

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP