ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Yahoo!社員が『Facebook』で『Yahoo!個人』の記事に「しょーもない」とコメントして物議

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

6月7日に、コンサルタントの永江一石さんが『Yahoo!ニュース』の個人コーナー(『Yahoo!個人』)に投稿した記事が反響を呼んでいる。

ソーシャルは難しい。わたしはこれでYahoo!個人に投稿するのをやめることにしました
http://bylines.news.yahoo.co.jp/nagaeisseki/20140607-00036112/[リンク]

という記事で、前日に永江さんが『Yahoo!個人』に投稿したエントリーについて、永江さんの『Facebook』のフィードに『Yahoo!Japan』の社員である佐野岳人さんが「しょーもない記事だ」とコメントしたというもの。

記事にあるキャプチャ画像には下記のやりとりが。

佐野 岳人「しょーもない記事だ。」
永江 一石 「は?Yahoo!の人がYahoo!に書いたのをしょーもないと??」
佐野 岳人 「個人の見解です。実にしょーもないですね。」
永江 一石 「そうですか。それでは個人の見解ですが、こういう人がいる会社とつきあいたくないのでYahoo!のオーサーやめますわ。」
佐野 岳人 「繊細な人だ。」
永江 一石 「というか、あなたの社会常識を疑うよ www」
永江 一石 「これをネタにYahoo!ニュース書いて終わりにしますわ。キャプチャ撮ったし」

その後、佐野さんは「そうですか、失礼すぎたようで、失礼しました。」とコメントしている。

同記事は『Twitter』や『Facebook』でかなり拡散されるに至った。

批判や論評はもちろん自由であろうが、所属を明かしている『Facebook』で自社のサービスを貶めるような「しょーもない」行為を敢えてやるというのはどうなんだ? と議論となっているようである。『Twitter』等では自己紹介の欄によく「個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません」といったようなお約束の文言が書かれていたりするのだが、それで諸々免責となるのかといった議論も。

この件について書かれたエントリーも多数あるようだ。

確かにソーシャルは難しい「個人の意見」は「会社の意見」か?
(大元 隆志 | ITビジネスアナリスト/顧客視点アドバイザー)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/ohmototakashi/20140607-00036123/[リンク]

Yahoo!Japan佐野岳人氏によるYahoo!ニュース・オーサーの永江一石氏へのコメントについて
(片岡 英彦 企画家・戦略PRプロデューサー)

http://blogos.com/article/88022/[リンク]

読者の皆さんは、どうお考えになるだろうか。

※画像は『Yahoo!』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP