ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空中で手を動かして操作する、まったく新しい音楽作成&演奏アプリが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前、「Leap Motion」というモーションコントローラーを紹介したが、このツールを電子音楽に導入しようと、Mac向けの新しい音楽アプリが開発されている。指のジェスチャーで操作して、オリジナルのアンビエント音楽を作成したり、演奏したりできるというものだ。

この「Muse」と呼ばれるアプリは、ミュージシャンのBT氏と、Berklee College of MusicのDr. Richard Boulanger氏が共同開発した。

ユーザーは、Leap Motionのコントローラーを用いて、中空で手を動かし音楽を演奏する。このコントローラーにはUSBのポートが付いていて、コンピューターに接続することが可能だ。

また、Leap Motion向けのアプリは、Airpsace app storeからダウンロードすることができるので、ユーザーはまず、専用アプリをインストールしておく必要がある。

準備が整ったら、早速動かしてみよう。ユーザーの手や指の動きは、正確に3D入力として変換される。「Muse」の画面上には、キューブ型のアイコンのようなものが表示されている。指をキューブの上で停止させることで選択をおこない、選択後、指を開くジェスチャーをすると演奏が開始される。

手を画面に近づける動作で、音色、パニング、エコー、音の残響を調節したり、画面を両方向にスワイプして、コードセット、ドローン、ドラムを追加したり、3種類のサウンドセットから選択することができる。

また、リズムパターンを重ねて、複雑なドラムグルーヴを作成することも可能だ。作成した曲や演奏を自動的に保存する機能もあるので、友だちとのセッションを楽しんだり、ライブ演奏で大いに盛り上がれそうだ。

Airpsace app storeには、すでに200以上のアプリがラインナップされている。「Muse」はMac OS X 10.7以降に対応、9.99ドルで提供中。

Muse

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP