ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Netronix、E Inkディスプレイを搭載したAndroidとも連携するスマートウォッチを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日7日に閉幕したComputex 2014イベントで、E Inkの電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidでも使えるスマートウォッチが出展されていたそうです。E Inkディスプレイを搭載した機種というのもけっこう珍しいですよね。これは、E Inkディスプレイの電子書籍端末でおなじみのNetronix社の製品で、1.73インチ320×320ピクセルのE Inkディスプレイ(静電容量タッチパネル付き)が使用されています。ウォッチフェイスがカーブ形状なのですが、これはカバーガラスだけ曲がったものなのでしょうか?機能面では、一般的なスマートウォッチと大体同じで、スマートフォンとBluetooth v4.0/LEで通信し、着信時に知らせたり、メールやFacebookなどのアプリの新着情報を転送したり、スマートフォンの音楽プレイヤーを操作することがなどができます。特徴は何といってもE Inkディスプレイを搭載したところです。バッテリー容量は170mAhと、一般的なスマートウォッチの2分の3程度ながらも、通常使用で4~6日は充電なしでも持つそうです。E Inkディスプレイは反射型ディスプレイなので、屋外ではかなり見やすいと思います。暗所でも利用できるようバックライトも備えているはずです。Source : Mobile Geeks



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungが折りたためるタブレットを開発しているという噂、折りたたむと5インチ台のスマートフォン、広げると8~9インチ台のタブレットになるらしい
Big Ass Fans、世界初の“スマートシーリングファン”「Haiku with SenseME Technology」を発表
Snapdragon 805のベンチマークスコア

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP