広告 ヘッダ 728×90

『人生オワタ\(^o^)/の大冒険』作者に『IWBTG』作者から感謝のメール「あなたのゲームにインスパイアされた」

Pocket

2010.05.13 18:00 記者 : カテゴリー : ゲーム タグ :

『人生オワタ\(^o^)/の大冒険』の『IWBTG』ステージ
『YouTube』『ニコニコ動画』などのプレイ動画から日本でも人気に火がついた、海外のパソコン(PC)ゲーム『I WANNA BE THE GUY』(以下『IWBTG』)。即死する障害物やトラップが満載の“死にゲー”として知られ、海外では同様のシステムを持ったインディーズゲームが数多く作られていますが、『IWBTG』がある日本のFlashゲームに影響を受けて制作されたことは、あまり知られていません。

そのFlashゲームとは、『2ちゃんねる』で人気となった『人生オワタ\(^o^)/の大冒険』(以下『オワタ』)。『IWBTG』作者のKayin氏が「『2ちゃんねる』のFlashゲームを遊んで作った」とサイトに記載しており、ユーザーの間では「『オワタ』のことでは?」と憶測を呼んでいましたが、このほどKayin氏から『オワタ』作者のキング ◆KING75wl/Q氏(以下キング氏)に感謝の意を表すメールが届き、この憶測が真実だったことが明らかになりました。

『オワタ』が最初に公開されたのは2007年の元旦で、これを見たKayin氏が『IWBTG』を制作し、公開したのが2007年末ごろ。この時点では両者の関係は明らかではありませんでしたが、キング氏は未完成なバージョンとして公開していた『オワタ』を2009年9月に完全版として公開した際、ゲーム内に『IWBTG』のグラフィックを組み込んだステージを追加し、オリジナルを“逆輸入”。ことし5月に入ってそれを知ったKayin氏が、キング氏に感謝のメールを送りました。

キング氏に取材したところによると、メールは次のように始まります。

『オワタ』に『IWBTG』ステージがあるのを発見して浮かれてしまいました。『IWBTG』はあなたの作品にインスパイアされたものなんです。

『IWBTG』が『オワタ』に影響されたことが明言されました。メールはさらに続きます。

私にインスピレーションを与えてくれた『オワタ』が、今度は『IWBTG』をイジってくれて楽しかった。私を爆笑させてくれたこと、『IWBTG』のステージをクレバーにブッ壊してくれたことがありがたいです。さらにあなたの作品に感謝、そしてたくさんのオールドゲームの中で『IWBTG』に触れてくれているのに感謝します。ありがとう、そして今後のプロジェクトに幸運を!

キング氏はガジェット通信の取材に対して、「IWBTGがオワタの大冒険を参考にして作られたとはウワサ程度には聞いていましたが、改めてこういったメールをもらえるとやっぱり嬉しいですね!僕もなんとなく知った上でオワタの大冒険にIWBTGステージを追加したのですが、こうやって本人から直接連絡をもらえた事を考えるとやって良かったなって思います」とコメント。その後Kayin氏に、感謝の気持ちと次回作を楽しみにしているという内容で返信したそうです。お互いを知るまでには少し時間がかかりましたが、ゲーム作者同士の国境を超えた交流が今後も続いていくことでしょう。

「パクった」「パクってない」ということが議論を呼びがちなゲームの世界ですが、このように元ネタへのリスペクトと感謝を表明することが、不毛なパクり議論を不要なものにするのではないでしょうか。そもそも、どちらのゲームもレトロゲームへの“リスペクト”が満載……そんな話は無粋ですね。ところで、Kayin氏が『オワタ』の『IWBTG』ステージに気づくのに時間がかかったのは、『オワタ』の攻略に時間がかかったからかも。遊んだことがない方も、以前遊んだ方や完全版を知らない方も、改めてその激ムズっぷりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

『人生オワタ\(^o^)/の大冒険』(Flashゲーム)
『I WANNA BE THE GUY』(PCゲーム)
http://kayin.pyoko.org/iwbtg/index.php

■関連記事
ゲーム開発者「エロ系同人誌に作品への愛があるとは到底思えない」
『アフターバーナー』批判のクリエーター! 今度はゼルダ酷似ゲームを批判
『ゼルダ』にそっくり『3Dドットゲームヒーローズ』! メーカー「任天堂には伝えていない」

shnsk

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket

getnews_Kiji_Md02_rect-Big
新着記事一覧

昨年ガジェット通信でお届けしたスプライトの巨大自販機。巨大自販機から突然水がスプラッシュするという面白い企画。可愛い女の子がびしょ濡れになり『YouTube』などでも話題になった動画である。 それに続き今年もずぶ濡れ企画が行われ...続きを読む

サッカー・ポルトガル代表やリーガエスパニューラのレアル・マドリーで数々のタイトルを手中にして、バロンドールを2度受賞。名実ともに世界最高峰のフットボーラーのクリスティアーノ・ロナウド選手が、美容器具メーカーMTGと新ブランド『Re...続きを読む

貴方は自分が子供の頃に描いた絵を覚えているだろうか? 大体の人は大人になってから改めて見ると笑ってしまうような絵を描いていたことと思う。 そんな絵をリアルに再現してしまった画像が今話題になっている。なんとなくわかってはいたが、いざリ...続きを読む

みなさん、遊園地の“絶叫マシン”と聞いて何を思い浮かべるでしょうか? "富士急ハイランド"のアレとか、"東京ドームシティ"のアレとか、はたまた"ナガシマスパーランド"のアレとか、おそらく挙げればキリがないほどでしょう。しかし、世界には...続きを読む

諸君は“ザ☆忍者”をご存知だろうか? 「『キン肉マン』か……懐かしいなぁ」と思ってしまった方には申し訳ないが、悪魔六騎士の一人ではなく吉本興業の若手芸人コンビだ。 7月21日配信分の芸人ニュースサイト『デイリーよしもと...続きを読む

記事ページフッタ_468-60