ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、人工知能を持つヒト型「Pepper」を開発、2015年2月に198,000円で発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは6月5日、フランスのロボットメーカー ALDEBARAN Robotics SASと提供してヒト型ロボット「Pepper」を開発したことを発表しました。Pepperは、2015年2月より一般向けに198,8000円で販売されます。販売店舗はソフトウバンクショップやネット通販の予定です。なお、明日6月6日より、ソフトバンク表参道とソフトバンク銀座に導入されます。Pepperは、感情認識と自立感情を持つ身長120cmほどのドラえもんよりちょっと小さいなヒト型ロボットです。本体に搭載された各種センサーで状況を判断し、独自のアルゴリズムでアプリ(ロボットの機能を提供する)を自律的に制御します。また、カメラや音声認識技術によって人の表情と声からその人の感情を推定する感情認識機能も搭載しています。Pepperは人とコミュニケーションを通じて相手を和ませたり、喜ばせたりすることを目的に提供されます。製品自体はアルデバランのNAOをベースにしており、Pepperでは大きさや外観を変更しています。Pepperの機能は専用のアプリをインストールすることで拡張でき、Wi-Fi経由でクラウドサーバと通信することでアプリの実際の機能を実行したり、進化するようになっています。開発者向けには、今後、Pepper用のアプリを開発できるソフトェア開発キットが提供される予定です。PepperのスペックOS:NAOqi OSサイズ:1,210mm × 425mm × 485mm、質量28kgディスプレイ:10.1インチタッチパネルセンサー:頭部(マイク×4、RGBカメラ×2、3Dセンサー×1、タッチセンサー×3)、胸部(ジャイロセンサー×1)、手部(タッチセンサー×2)、足部(ソナーセンサー×2、レーザーセンサー×6、バンパーセンサー×3、ジャイロセンサー×1)モーター:20個バッテリー:30.0Ah/795Wh、1回の充電で12時間程度動作可能通信機能:Wi-Fi a/b/g/n、有線LAN×1(10/100/1000base T)移動速度:最大3km/h移動可能段差:最大1.5cmSource : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Glass風のAndroidスマートグラス「SiME」がComputex 2014で展示
米国の大手書店チェーン Barnes & NobleがSamsungと共同ブランドのAndroidタブレット「Galaxy Tab 4 NOOK」の開発で提携
Sony Mobile、Xperia T3の専用アクセサリー「Style Cover Stand SCR16」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP