ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月に届け! 『LUNAR DREAM MESSENGER』でスマホから月面にメッセージを届けよう 『宇宙兄弟』とのコラボキャンペーンも開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2015年10月に米国フロリダから月にロケットを打ち上げる民間企業初の月面到達プロジェクト『LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT』。国内外の子どもたちから集めた夢のメッセージと一緒に大塚製薬の『ポカリスエット』を月面に届けるというこの壮大なプロジェクトでは、一般からも月面に届けるメッセージを募集中。スマートフォンから簡単に送れるので、実際にメッセージを投稿してみました。


メッセージの投稿には、プロジェクトサイトからリンクする『LUNAR DREAM MESSENGER』を利用します。

LUNAR DREAM MESSENGER
http://lunar-dream.com/join/messenger/[リンク]


メッセージは手書き入力とキーボード入力が選べるので、ここでは手書き入力で送ってみます。


メッセージ入力欄をタップして入力開始。1文字1文字書いて、「次の文字」をタップして書き進めていきます。


「子供たちに夢を!!」というメッセージを入力しました。これが月に届くと思うと、ちょっとワクワクしてきます。


入力が完了すると、画面には星空が。実はこれ、実際の天体の位置と連動していて、スマートフォンを月のある方向に向けることで月に送信できるのです。あいにくの曇り空でしたが月の位置を発見。


月の方向に向けると「この月にメッセージを送ります」と表示されるので、「はい」をタップ。すると、入力した文字がキラキラと飛んでいき、月に吸い込まれていきます。メッセージが送信できるのは、月が出ている時間帯だけ。月没の時間に注意して送信しましょう。


送信完了! 入力したメッセージはプレートに刻印され、2015年10月に月面へ届けられるそうです。楽しみ。


同プロジェクトは、人気漫画『宇宙兄弟』による応援が決定。『ポカリスエット×宇宙兄弟』の限定オリジナルTシャツが1万名に当たるキャンペーンが7月1日から開始するほか、8月に公開される映画『宇宙兄弟#0』の劇中に『ポカリスエット』が登場するコラボを展開していきます。著者の小山宙也氏からは「この史上初の夢のあるプロジェクトを、私も応援したいと思います! いつか月でポカリを飲む日を夢見て!」という応援メッセージが。

子どもたちの夢を月に届ける『LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT』と、宇宙飛行士になりたいという子どものころからの夢をかなえるムッタの姿を描く『宇宙兄弟』。夢のあるコラボですね。読者の皆さんも、自分の夢をメッセージに託し、月に向けて送ってみては。

LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT
http://lunar-dream.com/

『ルナ ドリーム キャンペーン』特設サイト
http://lunar-dream.com/cp/[リンク]

※画像は『LUNAR DREAM MESSENGER』『LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT』より引用

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP