ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アナ雪現象」中のディズニーが次に仕掛けるのは!? 映画『マレフィセント』の主題歌解禁!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ディズニー・クラッシック・アニメーションの金字塔として、半世紀以上も世界中で愛され続けている『眠れる森の美女』。その物語に隠されていた、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛の物語を描いた映画『マレフィセント』が7月5日に全国公開となります。
アンジェリーナ・ジョリー扮する“邪悪な妖精”の、迫力あるビジュアルがすでに話題の今作。気になる映像もチェックできる、日本語吹替版 主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」のミュージック・クリップが解禁されました!

この作品の主人公は、『眠れる森の美女』のヒロイン、オーロラ姫……ではなく、彼女に“永遠の眠り” の呪いをかけたディズニー史上最強の悪役=マレフィセント。55年前に発表された『眠れる森の美女』で描かれたのは、オーロラ姫の誕生を祝う王家のパーティーに“招かれざる客”マレフィセントが現れ、パーティーに呼ばれなかった腹いせにオーロラ姫に“禁断の呪い”をかけてしまうという事。
しかし、招かれなかっただけの理由で、なぜ彼女は恐ろしい呪いをかけたのか? これは半世紀以上の永い間、ディズニーが封印してきた禁断の秘密。映画『マレフィセント』ではその謎を解き明かし、“永遠の眠り”の呪いが生んだ究極の愛の物語を描いています。

また、ディズニーのミュージック・クリップといえば、いまだ大ヒット上映中の『アナと雪の女王』でエルサが歌う「Let it go」があまりにも有名、そして大人気! 音楽が持つパワーを改めて世界へ、そして日本へ知らしめました。そんな中、ディズニーが次に仕掛けるのは映画『マレフィセント』の日本語吹替版 主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」。

『眠れる森の美女』日本語吹替版 テーマソング「いつか夢で」はオーロラ姫とフィリップ王子がデュエットするロマンティックな恋の歌ですが、今回の新訳版では、今まで明かされなかった<マレフィセントが持つ愛>を表現するような歌詞となっています。妖艶な映画『マレフィセント』の世界も少しだけ観ることができるミュージック・クリップは必見!

映画『マレフィセント』「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」ミュージック・クリップ
動画URL:http://youtu.be/5kPt_c5XNZg[リンク]

『眠れる森の美女』日本語吹替版 テーマソング「いつか夢で」はコチラから
動画URL:http://youtu.be/bw8sOk5CsJU[リンク]

映画『マレフィセント』日本語吹替版 主題歌を歌う歌手名は、まだに明らかになっていませんが、この味わい深い歌声と美しい歌詞により、今作で描かれる悪役であり主役のマレフィセントを、より深く知ることができるのではないでしょうか。
ぜひ『眠れる森の美女』でオーロラ姫が歌う明るくロマンティックな「いつか夢で」と、映画『マレフィセント』のミュージック・クリップを聴き比べて、公開が待ち遠しい映画の物語に思いを馳せてみてください。

日本語吹替版『眠れる森の美女』テーマソング・映画『マレフィセント』主題歌 歌詞の一部を紹介!

「いつか夢で」~『眠れる森の美女』より
あなたをいつも夢に見て
その瞳さえとても懐かしい
夢は幻だというけれど
でもわかるあなたこそ愛してくれる
あの夢と同じに

でもわかるあなたこそ愛してくれる
あの夢と同じに

あなたをいつも夢に見て
その瞳さえとても懐かしい
夢は幻だというけれど
でもわかるあなたこそ愛してくれる
あの夢と同じに

「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」~映画『マレフィセント』より
あなたを守るために今
強くなろう かなしみの影の私に
喜び歌ってくれた
そして今 光指す
愛を知るあなたは私の夢

苦しみも消えてゆく
強くなろう 守るため 
Once Upon a Dream

映画『マレフィセント』7月5日(土) 2D/3Dロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
【STORY】
ディズニー禁断の秘密が、ついに暴かれる─「眠れる森の美女」の誰も知らない“本当の物語”を、アンジェリーナ・ジョリー演じる悪役マレフィセントの視点から描く、“永遠の眠り”の呪いが生んだ究極の愛の物語。

Published by Walt Disney Music Company (ASCAP). (C)Renewed. All Rights Reserved.
(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP