ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林幸子×七尾旅人、下北沢の教会で奇跡のデュエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年で3回目となる、下北沢のライヴ・ハウスを周遊できるフェスティバル〈InterFM presents Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014〉が、5月31日(土)に開催された。合計出演者数は、なんと150組。DJ、アイドル、バンドなどさまざまなアーティストが下北沢にある、GARDEN、ERA、BASEMENT BAR、ReG、ReG Cafe 、MOSAiC、THREE、Daisy Bar、LAGUNA、風知空知、富士見丘教会、altoto、moreの13箇所のライヴ・ハウスなどで同時にパフォーマスを行った。集客は延べ2800人。各所入場制限が続きながら、朝まで熱いライヴは続いた。

そのなかでも今回特に注目度が高かったのは、歌謡界の女王、小林幸子とロック・オルタナティヴ界で人気のシンガー・ソングライター、七尾旅人のユニットだ。会場は入場規制がかかっており建物の外には列ができた。七尾の呼び込みで登場した小林は、白いドレスで代表曲「雪椿」からライヴをスタートさせた。観客からは大歓声と割れんばかりの拍手がおきたが、歌がはじまった途端にその力に圧倒され、会場の雰囲気は一変し、声に酔いしれた。その後「愛の讃歌」など演歌以外の楽曲を披露すると、観客は大興奮。MCでは「教会でライヴをするのは、はじめてで本当に楽しみにしていた」と語り、その後「きれいでしょう? 」とお客に問いかける。観客からは「きれい!! 」とレスポンスがあったが、「ドレスが」と茶目っ気たっぷりに答えて会場を沸かせた。そして、新曲「越後に眠る」などを披露し、ライヴを終えた。

その後、小林のいるステージに七尾が再び登場。厳かな雰囲気にヴォーカル、ギター、エレキ・ピアノのシンプルな編成で、七尾の未発表曲「貝がら」を演奏。この曲に関して七尾は「思いが強い曲で、いままで自分で歌えなかった。このご縁でふと思い出し、さっちゃんが歌うのがいいと思った」と話した。そして、小林は衣装をピンクのドレスに着替え再登場。しっとりした曲に小林の歌、七尾のコーラス、ギターとピアノで会場を音楽が優しく包み、まさに昇天するような時間だった。観客からは、何度も大きな拍手がおきた。その後、七尾が熱望していた「もしかしてPARTⅡ」をデュエット。往年のヒット曲に会場からどよめきと歓声がおき、「幸子」コールや「旅人」コールに包まれた。この後も、七尾の代表曲「サーカスナイト」、小林の代表曲「風といっしょに」「幸せ」などが演奏され、大歓声が鳴り止まない80分のステージとなった。国登録有形文化財に指定されている、70年の歴史を持つ富士見丘教会で行われたこのライヴは、ロック・ファンにとっても演歌ファンにとってもジャンルを超えた素晴らしいライヴとなった。

・七尾旅人の音源はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/them/index.php/21868

・小林幸子の音源はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/them/index.php/78369

2014年5月31日(土)富士見丘教会
〈InterFM presents Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014〉

小林幸子
1.雪椿
2.愛の讃歌
3.嘘は罪(英語ver.)
4.茨の木
5.越後に眠る
6.おもいで酒

小林幸子×七尾旅人
1.貝がら
2.もしかしてPARTⅡ
3.サーカスナイト
4.風といっしょに
5.幸せ

・サウンドクルージング オフィシャルサイト
http://soundcruising.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP