ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和食が糖尿病から日本人を救う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人は「肥満」でなくても糖尿病を発病することがある

わが国の糖尿病の特徴として、「肥満を生じずに、インスリン分泌が少ないことで発症してしまう」ということが挙げられます。「肥満→インスリン抵抗性(インスリンが効きにくくなる状態)→メタボリックシンドローム→糖尿病」という流れの多い欧米人では、エネルギー摂取の適正化とそれに伴う減量が根源的な治療となります。

しかし、元来和食を主食としてきた日本人では「肥満でなくても」また「インスリン抵抗性が高くなくても」糖尿病を発症してしまう可能性があることを考えると、単に「エネルギー摂取の適正化」「減量」だけでは不十分で、食事の質が問題となるのかもしれません。

「主食・主菜・副菜」伝統的な和食の構成が食後高血糖を防ぐ

最近、報告された研究などから「エネルギー制限」や「脂質制限」よりも、主食に偏ることなく(あるいは控えながら)、主菜と副菜(きちんと脂質を含有したもの)の摂取を促すことも大切なようです。

「主食・主菜・副菜」という伝統的な和食の構成で食べる方が、食後の高血糖を防ぐのに適していることが報告され始めています。日本人の食後高血糖のピークの高さを決定している要素が、単純なエネルギー摂取量のみではないので、「糖質に偏らずにおかずをきちんと食べる」ことで、食後血糖の是正が可能だということです。別な言葉で言えば、「主食のみに偏ることなく、主菜(タンパク質と脂質)、副菜(食物繊維)を一緒に摂取する」ということが、実は日本人にとってはとても重要であり、さらにはその摂取の順番によっても食後血糖の上昇を抑えられるのです。

「食事の最初に食物繊維を含む野菜や海藻類を、その後に魚や肉類、可能であれば最後に炭水化物を摂取」することによって、「同じ量の炭水化物を摂取しても、食後血糖の上昇が抑えられる」ということが判明しています。それゆえ、糖尿病の効果的な治療には、毎日毎食の食事摂取のあり方を考えることが「効果的ではないか」と思うのです。

糖尿病の治療は、食事と運動が基本。ただし、若干の工夫を

もう一つの糖尿病治療の柱である運動ですが、これも「わざわざ時間を取って」となるとなかなか難しいかもしれません。やはり、日常生活に運動の要素を取り入れることが効果的だと思われます。

エレベータやエスカレーターはなるべく使わず、意識して階段を使う。「階段上りは、時速8㎞の速歩と同程度の運動強度がある」と言われているので、日常生活に階段を利用しない手はないかもしれません。さらに歩くときもただ漫然と歩くのではなく、通常の歩行の合間に少し早めの速歩を加える、「インターバル速歩」もカロリー消費には効果的と言われています。

糖尿病の治療は、食事と運動が基本であるのは言うまでもありません。これらは、常日頃から行っていることですから、効果的に行うためには今までと同じ様にしていたのでは不十分でしょう。上記の様な若干の工夫も必要だと思います。

カテゴリー : 未分類 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP