体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコニコ動画で新規客獲得に成功した「作ってみた業者」とは?(後編)

esu-kei_text

本人の好きとか楽しいという純粋な気持ちが前面に出ているからこそ、「宣伝」ということに厳しい『ニコニコ動画』ユーザーにも良い形で受け入れられているのかもしれません。今回はesu-keiさんのブログ『esu-kei_text』からご寄稿いただいた記事の後編です。

ニコニコ動画で新規客獲得に成功した「作ってみた業者」とは?(後編)
『ニコニコ動画』において、「御社」とは、主に「有限会社タップ」のことを指す。

「有限会社タップ」は、資本金300万円、従業員5名、看板や装飾の製作および施工を行っている会社である。

そんな小規模な会社が、先日、プレミアム(有料)会員数70万人を突破したと喧伝(けんでん)された『ニコニコ動画』において、「御社」という代名詞の象徴として知られるようになったのはなぜか。

それは、次の動画がきっかけである。
「作ってみた」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1391125

ニコニコ動画で新規客獲得に成功した「作ってみた業者」とは?(前編) より
http://getnews.jp/archives/58461

(前編からのつづき)

◆「また御社か」と呼ばれるようになるまで
動画コメントを見ればわかることだが、ほとんどのニコニコ動画ユーザは、この「御社」の名前を知らない。これは、合理的な「宣伝」ではない、と思われるかもしれないが、だからこそ、業者が嫌われるニコニコ動画において、例外的に「御社」シリーズが支持されるようになったのだ。

決して、会社の一大プロジェクトとして、これらの動画は公開されたわけではない。これらは、勤務時間外である土日に、社長のみずからの手によって、余興として製作されたものばかりなのだ。

しかし、反響が良かったせいか、それとも、社長の『初音ミク』への愛情がそうさせたのか、最初の動画からしばらくは、月二回のペースで、新作がどんどん公開されていった。

esu-kei_text

気づけば、会社の受付嬢が『初音ミク』となり、

esu-kei_text

PCも『初音ミク』となり、

esu-kei_text

会社の壁紙ですら『初音ミク』となり、

esu-kei_text

トラックのシートをも『初音ミク』に染められたのである。

どれもこれも、製作・施工となれば、値が張るものばかり。
そんな社長の旺盛(おうせい)すぎる行動力に、『ニコニコ動画』ユーザーはあきれた。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。