ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネットウォッチャーが教えるネットの「デマ」を見破るポイント

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ネットウォッチャーが教えるネットの「デマ」を見破るポイント
 2ちゃんねるといったまとめサイト、ニュースサイト、ブログなど、インターネット上で流れている情報は膨大だ。
しかし、その中には本当の情報もあれば、ウソの情報もある。このようなデマや噂といった曖昧な情報の他に、意図してウソのエピソードを創作する「ネット釣り師」という存在がいることを知っているだろうか。

 『2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』(Hagex/著、KADOKAWAアスキー・メディアワークス/刊)は、ネット釣り師たちが投稿する創作エピソードを見破るための技術を、10年以上「釣り投稿」を観察しているネットウォッチャーのHagex氏が紹介する一冊だ。

 「2ちゃんねる」「発言小町」「Twitter」「ブログ」など、インターネット上で自由に投稿できるサイトには、必ずと言っていいほどこのネット釣り師が存在している。
 では、そもそもネット釣り師とは何者なのか。創作文や嘘の内容をネット上に投稿し、読者を「釣る」(=騙す)ことを目的とした、よく言えば「クリエーター」、悪く言うと「嘘つき」のことだという。
 彼らが活躍すると、そのサービスは間違いなく盛り上がる。なぜならネット釣り師の投稿は“おもしろい”からだ。ネット釣り師の投稿が増えると、人が続々と集まり、サイトのアクセス数が増えていくと著者は指摘する。

 こういったネット釣り師たちが投稿する創作エピソードを見破るテクニックと、インターネット上に流れるデマを見破る方法は似ている。
 では、「釣り」と「デマ」の大きな違いは何か。釣りは特定の人間によって完全にコントロールされているが、デマは誰の支配も受けていない点だとHagex氏は指摘する。
 デマはネットユーザーの勘違い、不安、思い込みといった負の要素を栄養としており、まるで生き物のように大きくなりながら暴れていく。デマを見破るポイントとして本書では6つ、ピックアップされている。

1、不自然なポイントを探す
2、読んだ人の心を動かす「フック」を見つける
3、なぜこれが流行しているか考える
4、情報の流れを追いかける
5、画像の有無をチェックする
6、多くの人がRTやシェアしているものはとくに疑ってかかる癖をつけておく

 本書ではこのポイントが「ネットデマの特徴」とともに詳しく書かれており、こういったポイントをおさえることで、嘘か本当かを見極めるスキルを磨くことができるようになる。著者は「インターネットリテラシーの基本中の基本」だと言う。

 「ネット上にあるウソの情報に騙されないように」とはいうものの、ウソを見破る技術がなければ、その選別は難しい。つまり、情報を受け取る側もネットリテラシーを身につけておかなければ危険だということだ。
「釣り」「デマ」に惑わされないためにも、十分に気をつけておきたいものだ。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
ネットサーフィン、考え事、毎日にひそむムダ時間
リアルで、ネットで、そこらじゅうにある“情弱ホイホイ”の正体とは?
ネットビジネス3つの心得

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。