体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人よりレジを信用します

タケルンバ卿日記

最近は外食チェーン店もコンビニも、外国籍の方が増えてきていますね。今回はタケルンバさんのブログ『タケルンバ卿日記』からご寄稿いただきました。

人よりレジを信用します
ある大手外食チェーンの方と「最近アルバイトの求人応募が少なくてねー」という話になった。特に日本人の応募がないし、せっかく採っても定着しない。

(過去記事)日本人が採れない – タケルンバ卿日記 2008-10-01
http://d.hatena.ne.jp/takerunba/20081001/p1

相変わらずこの状況は続いているわけで、ええ。どの店舗も慢性的な人手不足。

となると労働力は海外籍の方頼みになる。ま、致し方ない話ですわな。人がいねーんだから。社員の過重労働も度々問題になっているわけで、社員をこき使うにも限度があるのでね。

ただ、従来は「レジはちょっと」という風潮があった。ファストフード店のようなレジが複数ある店舗の場合、ひとつのレジあたりの現金は少なく入れてある&1万円札は速攻で別金庫へ抜くので、「まあ、たいしたことねえし、いいか」的に任せるケースが多かったのだけども、ファミレス・居酒屋・回転寿司のように、レジがひとつの店舗の場合、閉店間際になると、1日の売上が丸々レジに残っているので、あまり海外籍の方に扱わせなかった。額が大きいからのう。ちょっとしたお店だと100万円単位でレジに入ってるし。

外食: 「でもねー、最近はしょうがないからやらせちゃってるんだよねー」

しょうがないので任せるようにしたと。しかしなんでまた、と思ってさらに聞いた。

タケ: 「保証人でもとるようにしたの?」

外食: 「日本に身寄りがない彼らの保証人って、大抵業者だからなあ。意味ない」

タケ: 「じゃ、あきらめて信用するようにしたん?」

外食: 「いや、信用してない」

タケ: 「じゃどうすんのよ」

外食: 「レジを信用してる

人ではなく、機械を信用していると。で、信用できるレジの登場で、彼らにレジをやらせることにしたと。そういうことらしい。

どういうことかというと、つり銭が自動で出るレジ、そして現金収納引き出しが開かないレジの登場。これが大きかったらしい。従来のレジは現金が入っている引き出し部が開くもの。そのため、この引き出しさえ開けてしまえば、中に入っている現金を自由に扱えた。

しかし新しいタイプのレジは、レジに収納されている現金を扱えない。レジ係ができるのは、お客様からいただいたお金を投入口に入れることと、入れた金額からはじき出されたつり銭をレジから受け取り、お客様に渡すのみ。

つまり今のレジは、1回のお会計に絡むお金以外に触れることができないので安全だと。だから任せられるとそういう理屈らしい。

タケ: 「でもさー、レジも機械だろ。ミスとかねえの? 新札とか2枚重なって出たりとか」

外食: 「ああ。ないとは言えんが、人のミスよりは少ないし、たがが知れてるだろ」

万が一、レジの機械にミスがあれば、そこで社員が対応すれば良いと。ふむう。なるほどねえ。

技術とかの進歩によって、機械任せができるようになった。そのおかげでレジを任せられるようになって、労働不足解消にもちょっと役立った、という話なわけだけれども、その実、「人より機械を信用します」という。外食という労働集約産業が行き着いたひとつの終着駅が、集約される労働力に対する不信とはね。

あるいは、モノとしての精度が上がれば上がるほど、それを扱う人間が無能化されていくという話でもあるな。いや、人間でなくてもいいのか。最終的にはレジを扱える存在であれば何でもいい。「レジを信用する」「機械を信用する」ということは、それを扱うものを信用しないわけだからな。もはや何でもいいのか。

なんかいろいろ凄(すご)いな。むう。

執筆: この記事はタケルンバさんのブログ『タケルンバ卿日記』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

******
ガジェット通信では、皆さんの原稿を募集しています。
http://getnews.jp/post
******

■最近の注目記事
自殺未遂には健康保険が適用されない
普天間飛行場は、もともと何もない畑に米軍によって作られた
羽をもつサル~ニューカレドニア・カラスの知性は本物か?

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。