ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストーリー&サンドアートが幻想的! 資生堂『マジョリカマジョルカ』スペシャルムービー公開 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

毎回プロモーションのたびに展開されるオリジナルの「おはなし」が女子心を掴んでいる資生堂のメーキャップブランド『マジョリカ マジョルカ』。2014年夏シーズンは「Sweet trap Hunter」と題した海の物語で、2014年5月21日発売の『マジョリカ マジョルカ ウォーターコロンネールズ』に合わせてスペシャルムービーが公式サイトと『YouTube』で公開されています。

2014.5.21「Sweet trap Hunter」 MAJOLICA MAJORCA – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=9lNv8moK8zI [リンク]

「Sweet trap Hunter」では、商品のバリエーションに合わせて9つの物語が展開。竪琴の調べに誘われたタツノオトシゴがネールの中に吸い込まれてしまったり、男性がいつのまにか瓶の中に捕らわれてしまったり、「毒のあるかわいらしさ」を織り込む『マジョリカ マジョルカ』の世界を短い時間で余すことなく表現されています。

幻想的なストーリーを描くサンドアート(砂絵)のアニメは、パフォーマンスユニットSILT(シルト)の船本恵太さん。都内のファンションイベントでもライブパフォーマンスを披露しており、最近では不思議系ブランド『pays des fees』(ペイデフェ)が2014年3月23日に開催したコレクションショーにも出演するなど活躍中。

今回、船本さんのサンドアートを、プロジェクションマッピングを用いて瓶に投影。その不思議な世界に「閉じ込められる」という感覚に魅了される人が多いのではないでしょうか。

この映像をスマートフォンで見ると、原寸大の瓶のサイズになるとのこと。

公式サイトでは、「BE701(家来)」「BL202(手まねき)」「GR703(竪琴)」「VI204(歌声)」「PK105(海底の真珠)」「PK206(さんごのざわめき)」「PK207(高鳴り)」「RD408(熱狂)」「GY909(わかめ)」という海にまつわる9つの物語すべてを巡回したユーザーを対象にスクリーンセーバーをプレゼント。

そのほか、『ウォーターコロンネールズ』のプレスキットが抽選で10名に当たるキャンペーンを『Facebook』『twitter』『mixi』を使って実施しているので、こちらも忘れずに参加したいところです。

MAJOLICA MAJORCA (資生堂)
http://www.shiseido.co.jp/mj/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。