ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲームファンを魅了し続ける『ニード・フォースピード』の魅力とは

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

poster2
法もルールも存在しない“禁断のストリート・レース”。強力なエンジンを搭載し、チューンアップされた超高額なスーパーカーが、常識を超えた高速で駆け抜ける……。カー・アクション映画の歴史に、新たな伝説が。『ニード・フォー・スピード』が6月7日より公開となります。

映画の原案となったのは、1994年の誕生以来、総数1億5000万本以上を売り上げ、20年にわたり、全世界で人気を博する同名のレーシングカー・ゲーム。そのコンセプトとビジュアルを元に、カーマニアやゲームマニアをも魅了するエモーショナルなドラマと、超高速スピードで公道を疾駆する迫真のアクションを、映画ならではの臨場感で大スクリーンに描き出しています。

『ニード・フォースピード』それほどまでにファンを魅了しつづける理由はなぜなのか。遂に『ニード・フォースピード』の映画化を実現させ、自身もゲームシリーズのファンだと語るスコット・ワウ監督のコメントをご紹介します。

Q:自動車レースの映画に観客がエキサイトする理由はどこにあると思いますか?

スコット・ワウ監督:今日では、ほとんどの人々にとって車でレースするのは大変なことです。70年代やそれ以前は、それほど複雑ではありませんでした。道路は広く、人口密度も低かったので、都市の境界さえ出てしまえば、自分の車でレースをするのは容易でした。でも今では人口がとても多く、車でレースをしたければ、遠くまで行かなければなりません。また、レースコースは一般人には閉ざされているか、もしくはとても遠くにあるので、とにかく大変です。キャノンボール・ランのような、ある地点から別の地点までを競うレースは、もはやほとんどなくなってしまいました。

この映画で私たちが懸命に目指していたことは、観客が実際にドライバーズ・シートに座った気持ちになれるようにすることでした。傍観者として見るのではなく、この映画に参加して運転しているようにね。ゲームの素晴らしさはそこにあります。ゲームでは車を運転できます。この映画『ニード・フォー・スピード』でも、まさに運転しているような気持ちになれるはずです。

Q.ゲームシリーズの「ニード・フォー・スピード」には物語がないので、それだけに、この映画では独創的なストーリーを語る自由があったかと思いますが、そのことについてお話しください。

スコット・ワウ監督:確かにそうでした。ただ、あのゲームシリーズの素晴らしいところは、物語がないにせよ、警察を追うにしても、特定のエリアでレースをするにしても、運転する車のタイプにしても、それぞれに特徴的なスタイルがあったことです。そこで私たちが目指したのは、こういったすべてのゲームを混ぜ合わせて、とても幅広いタイプの車を登場させることでした。それらの車でバラエティに富んだ場所でレースを繰り広げるのです。またフィルムメイカーとしては、あのゲーム版「ニード・フォー・スピード」のクレイジーで本能的な世界に、現実的な心に触れるストーリーを注ぎ込むことができました。

複雑で難解な物語を一切排除し、現実では実現不可の爆走公道レースを体感できる。心の底からレースを楽しむことができることこそが、本ゲームシリーズが長年愛される理由。そんなゲームが生み出した圧倒的な迫力そのままに、60~70年代の名作カーアクション映画へのオマージュを込めた独創的なストーリーを組み合わせた映画『ニード・フォー・スピード』。元スタントマンの監督だからこそ実現できたリアルなカーアクション映像はぜひ大スクリーンで。

http://disney-studio.jp/movies/nfs/

(C)2014 DreamWorks ll. Distribution Co. All Rights Reserved. 

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。