ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遠隔操作ウイルス事件でマスコミ各社に届いたメール 捜査当局は片山被告の自演との見方で保釈取消請求の検討も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

遠隔操作ウイルス事件で逮捕され勾留されていた片山祐輔氏が、今年3月5日に保釈された。5月16日に「小保方銃蔵」なる人物から落合洋司弁護士や報道各社に「自分が真犯人だ」と主張するメールが届く。

1年1か月の間、身柄を拘束されていた間、それまで何の音沙汰もなかった“真犯人”が片山被告が保釈された後にアクションをとったということで、ネット上では、「タイミング的に、片山被告の自演によるものだろう」、「いや、そう見せかけるため真犯人によるもので片山被告は無罪」といったような議論になっていたが、5月19日に

「真犯人」メール 元会社員自身が送信か (NHKニュース)

パソコンを遠隔操作して殺害の予告などを書き込んだとして元会社員が起訴された事件で、先週、報道各社などに届いた自分が真犯人と主張するメールについて、捜査当局が元会社員自身が送信したという見方を強め、調べを進めていることが分かりました。
東京地方検察庁は元会社員の保釈取り消しの請求を検討するものとみられます。(略)

と報じられた。

ネット上では再び議論が巻き起こっているようだが、果たして真実やいかに。

関連記事:
逮捕から389日目に……PC遠隔操作事件で片山氏が保釈 『niconico』では記者会見の録画放送も
http://getnews.jp/archives/527312[リンク]
遠隔操作ウイルス事件の真犯人を名乗る人物から届いた新たなメールを公開!片山氏を陥れた方法を暴露
http://getnews.jp/archives/578417[リンク]

※画像が『niconico』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP