体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『解放少女 SIN』限定版特典アニメ 明坂聡美・能登麻美子・小松未可子・石原夏織アフレコ後の感想をお届け!

オフィシャルフォト_x800

7月31日に発売するPS Vita用ソフト『解放少女 SIN』。限定版には解放少女SINアナザーストーリー『それゆけ!ミスティクル・ダイ部』を鑑賞できるプロダクトコード付き。

MDB_PVタイトル部分_x720

このショートアニメは、他人の精神世界に潜入するという主人公・海堂清人の特殊能力「ミスティクル・ダイブ」を極めんとする部活動「ミスティクル・ダイ部」が舞台。『解放少女 SIN』の世界が斜め上に解放された、可愛らしくもシュールなドタバタが繰り広げられます。

この限定特典アニメのアフレコに参加した、明星かぐや役・明坂聡美さん、不破 聖役・能登麻美子さん、環 小神子役・小松未可子さん、左近田凪冴役・石原夏織さんのインタビューをお届け!

――今回の限定版特典では本編とは全く趣が異なりますが、収録した感想をお教えください。

明坂聡美さん(以下、明坂):本編が物凄いどシリアスで、かぐやもいろいろと壮絶な目に会うのですが、「よし海堂!アレやれ!コレやれ!」みたいな感じで、どんちゃん騒ぎをしているように楽しくできました。プチプチして可愛くて、ちょっとブラックなテイストが盛り込まれていて、完成がとても楽しみです。

能登麻美子さん(以下、能登):仮の動画を見せていただいたのですが、仮の段階でもものすごく可愛らしくて、これはホントに絶対見たほうがいいです!!

一同(笑)

能登:いい意味で、度肝を抜かれるカットがたくさんありますので、ぜひ見ていただきたいなと思います。

小松未可子さん(以下、小松):本編の小神子は、きびきび働き、クールなイメージなのですが、今回のショートアニメは、デフォルメされた姿で、やる気のない感じになっています(笑)。各キャラクターの本編とは違った一面がのぞけると思います。すごくシュールなので、それを踏まえて本編をプレイするとちょっとやわらかい気持ちになれるんじゃないかと思っています(笑)。

石原夏織さん(以下、石原):最初に台本を頂いたときに、「あれ?解放少女ってこういう内容でしたっけ?」「この用語は知っているけど、こういうことだっけ?」……ってなっちゃうぐらいびっくりしました(笑)。改めて台本を読むと、面白さがすごく湧き出してきて、くすくす笑っちゃってしょうがないっていう内容でしたが、先ほど映像も見せていただいて、「え~~~っ!?」ってなってしまうぐらい凄かったので、本是非皆さんに見てもらいたいです。

――台本を読んで、他の方が演じられた部分をどのように想像されましたか?

明坂:海堂くん(主人公・海堂清人:CV・前野智昭さん)は、本編だとすごく真面目にいろいろやりますけど、今回のショートアニメでは徹底してツッコミに回っていましたね。台詞も多くて、ノリツッコミやら無茶苦茶なことになってるし、美少女閣僚たちにヤンヤヤンヤされて大変な目に会っていたので「前野さん、大変だな……」と思いました(笑)。

能登:私も、清人さんはどういう演技をするんだろう?というのはすごく気になりました。今回は前野さんが先に収録されていたので、清人さんの声を実際に聞いてみると想像していたのよりも更に面白くて、なおかつ絵柄も素晴らしかったので、これはちょっと“清人さん推し”ですね(笑)。

小松:私も、清人くんのセリフ回しでパロディ的な部分があったり、気になりました(笑)。そんな遊びができたのも、本編から外れた面白いところでしょうか。実は本編と番外編で一番ぶれていないのがちるちる(弓波千流子 CVは悠木 碧さん)なのかな。

(一同納得)

小松:ちるちるを演じるのは楽しそうだなと思いつつも、ずっとあのハイテンションだから大変そうだなと思ったりしながら見ていました。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。