ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子高生が銃で戦う『バレットガールズ』衣装破壊したキャラたちをセクシーな“尋問特訓”でしごきまくれ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「レンジャー部」に所属する女子高生たちを操作して戦う、PSVita用新作タイトル『バレットガールズ』が8月28日に発売。ハンドガンやバズーカ等の銃火器を手に可憐な女の子たちが敵や兵器に立ち向かい、白熱のバトルを繰り広げる完全新規のアクションシューティングゲームです。




銃火器を用いたアクションはもちろん、随所で楽しめる様々なセクシー要素もこのゲームの魅力。アクション中に惜しみなく見せるチラリズム、 相手を気持ち良くしたり、時には嫌がらせをしたりして、普段では見られない女の子のエッチな反応を楽しむ「尋問特訓」など様々な要素が楽しめます。
「レンジャー部」を通じて、部員同士が時には戦い、時には助け合うことで、部員それぞれが成長していく、友情あり涙ありスポ根ありの物語となっています。

衣装を破壊して“おパンツ”&“おブラ”を剥ぎ取れ!

ミッション中に衣装の各部位を攻撃し、耐久力が0になった場合、各部位ごとに“衣装破壊”が発動。衣装破壊時にはカットインが挿入され、39種類もの演出が楽しめます。


プレイヤーキャラ、ライバルキャラはもちろん、雑魚キャラも含めて全てのキャラクターの衣装が破壊可能。各部位を狙い撃つことで、腰から下のみ破壊、胸だけ破壊など自分好みに衣装を破壊することもできます。

もし衣装、おパンツ、おブラ、全て破壊され全裸になっても、爆風のいい(?)仕事によって、乙女の大事なトコロを隠してくれる安心安全の設計! 

キャラクターとのタッチコミュニケーション



装備変更画面では画面右にキャラクターが常に表示されています。その際、キャラクターの回転やカメラワークの切替はもちろんのこと、キャラクターをタッチすると、表情変化&ボイス&テキスト表示によるコミュニケーションが楽しめます。
女の子にタップできるとなると、たわわな膨らみを触りたくなるというのが男の性! 胸をタッチすると胸がプルンと揺れ、恥じらう乙女たちの反応が楽しめます。

尋問特訓でしごきまくれ!

「レンジャー部」には、“任務を通じての技術的な特訓(ミッション)”の他に敵に捉えられた際の尋問に耐えうるための特訓“尋問特訓”が存在します。あくまで“敵に捉えられた際の尋問に耐えうるための特訓”及び“敵を捕らえ、極秘情報を聞きだすための特訓”。心を鬼にして、己の本能の赴くままに、あの手この手で尋問してあげましょう。

尋問特訓は「ツンツン」「ナデナデ」などの手法を駆使して、相手を気持ち良くしたり、嫌がらせたりすることができます。ひとりよがりな尋問はご法度。ここで稼いだポイントは、武器や衣装と交換できるので、より多くのポイントを稼ぐことが大事です。

尋問特訓は様々なロケーション、ポーズで行われます。「なぜ、こんな所でこんなポーズで特訓?」などという野暮なツッコミは不要。尋問特訓は倒した時の部員の服装のまま行われるので、積極的に衣装破壊を狙っていきましょう。また、ストーリー上で尋問特訓を行ったキャラクターは、いつでも好きな時に尋問特訓を行えるようになるという嬉しいポイントも。
尋問特訓はまだまだこんなではない!? より過激で激しい尋問特訓用アイテムがあるとかないとか……。続報を待て!

タイトル:バレットガールズ(英語表記:Bullet Girls)
プラットフォーム:PlayStation Vita
ジャンル:アクションシューティング
配信価格:6296円(税抜)
発売予定日:2014年8月28日予定
対応人数:1人
CERO:審査予定
開発/販売元:株式会社シェード/株式会社ディースリー・パブリッシャー

公式HP:
http://www.d3p.co.jp/bulletgirls/#top

(C)2014 Shade Inc.  (C)2014 D3 PUBLISHER


■関連記事(ゲームライフニュース)

『ウルトラストリートファイターIV』 新キャラクター「エレナ」紹介PV公開!
調教師になって子どもを管理馬に乗せちゃう? 新要素が満載の『Winning Post 8』を見逃すな!
『龍が如く 維新!』 無料ダウンロードコンテンツ第六弾の配信がスタート!
PlayStation Vita『IA/VT -COLORFUL-』 限定版同梱アイテムのデザイン公開!
ローカライズ担当のプレイ&解説も! PlayStation 4公式ブロードキャスト放送第4回『inFAMOUS Second Son』実施

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP