ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドの『ドイツバーガー』を食べてみた! FIFAワールドカップ公式ハンバーガー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

マクドナルドの『ドイツバーガー』は、FIFAワールドカップ公式ハンバーガーだ。一部店舗で先行販売しているので、既に食べた人もいるはず。

マクドナルドのマックリブや、ロッテリアのリブサンドのような形をしていて、具とソースがたっぷりなのでかなりの重量をしている。なので、手に持って食べると今にも崩れ落ちそう。

細かいザラザラがとっても良い食感を生んでいる。ソースが濃い目だけど、お茶と一緒なら最後まで食べられそう。けっこうボリュームがあるので、女性より男性向け。このボリュームで399円は安い。

単調な味が続くので飽きるかもと思ったが、肉がさっぱりしているので最後まで美味しく食べられた。希望を言えばもう少し優しいソースにしてほしかったかな。

ここで総合評価! お祭りイベント的なハンバーガーとしてはアリだが、レギュラーメニューとしてはつらいかな? といったところ。つまりFIFAワールドカップ公式ハンバーガーとしては“アリ”なハンバーガーだ。






※この記事はガジェ通ウェブライターの「太郎改太郎」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

太郎改太郎の記事一覧をみる ▶

記者:

太郎改太郎です。趣味はヤフオク。見様見真似でライター業をしています。よろしくお願いします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP