ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界的ヒット作が中国では未公開に 監督「残念だがいつか観てもらえると願っている」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ブラックスワン』『レスラー』で知られるダーレン・アロノフスキー監督が、新作『ノア 約束の舟』のプロモーションの為、7年半ぶりに来日。14日、東京・六本木にて緊急来日記者会見を行いました。

『ノア 約束の舟』は旧約聖書の「創世記」に登場する大洪水にまつわる物語をベースに描いたスペクタクル歴史ドラマ。主演にラッセル・クロウ、共演にジェニファー・コネリー、エマ・ワトソンなど豪華キャストが出演しています。

米国をはじめとする諸外国ではすでに公開され、日本が最後の公開となる本作。世界37ヵ国でオープニングNo.1大ヒットとなり、ヨーロッパ、ロシア、ブラジル、韓国、メキシコなどでは歴代オープニンブ記録を塗り替えています。と、この記録を見てふと疑問が。あれ中国は?

そう、実はこの『ノア 約束の舟』中国では公開が見送られているのです。その理由として考えられるのは、まず中国では外国映画の上映本数が制限されているという事。現在中国で上映出来る外国映画は年間34本。2012年まではたったの20本だったというから驚きです。そして、もう一つの説が中国政府の検閲に引っかかったのでは? というもの。

記者会見で「中国での未公開」について尋ねられたダーレン・アロノフスキー監督は「中国で公開されない理由を私は知らない」とコメント。続けて、

「私は映画が全世界で公開されることを期待して作っている。多くの人々に見てもらいたくて娯楽作品を作っているので、こういうことが起きると残念だし、正直がっかりもします。中国では『ブラック・スワン』の時にも同じ事がありました。でも『ノア 約束の舟』もいつか中国の皆さんに観てもらえる日が来ると願っています」

と想いを明らかにしています。日本で暮らしていると、外国映画の上映が制限されるなんて驚きですよね。

監督は本作について「ノアと方舟の物語は、何千年もの間語られてきた偉大なものですが、こうしてメジャーな形で映画になったことはありません。聖書を読む文化があまり無い国でも、洪水や水をテーマにした映画は必ずある。水という破壊と創造の象徴を描いています」と説明。筆者も試写会にて一足お先に映画を観ましたが、キリスト教、聖書に対する知識が無くても、驚き、悲しみ、共感出来る作品でした。監督らしい映像美にも大注目。

映画『ノア 約束の舟』は6月13日公開。ガジェット通信では監督のインタビューも公開予定ですので、こちらもお楽しみに。

ノア 約束の舟
http://www.noah-movie.jp/

(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP