ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 5用の小窓付きスマートフォンケース「S View Cover」を入手

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 5専用の小窓付きスマートフォンケース「S View Cover(/EF-CG900BFE)」を入手したのでご紹介します。S View CoverはGalaxy Note IIから一部の機種に提供されている液晶カバーとバックカバーが一体となったスマートフォンケースで、液晶カバーの小窓を通じて時刻や着信履歴、メール、カメラなどを使用できる機能的なアクセサリーです。今回入手したのはローズゴールドカラーというもの。英国から輸入したので、価格は£23.99(約4,120円)でした。Galaxy S5のS View Coverはスクエア形状を採用しており、表面はメタリック調の感じに変わりました。また、S View Coverのカラーに合わせて壁紙が自動的に設定されるなどの機能も追加されています。カバーは全体的に硬質な素材で出来ており、表面はエナメル製品を撫でるときの何とも言えない心地よい感触です。S View Coverは、バックカバーが一体となっているので、装着する時はGalaxy S 5に付属しているバックカバーを外して直接はめ込みみます。S View Coverにも水の侵入を防ぐパッキン処理が施されています。今回は入手したS View Coverはワイヤレス充電対応ではありません。ステッチ風の縁取りが施されており、レザー製品のように見えます(単なる装飾ですが)。装着してみました。バックカバー一体型なので、フィット感は抜群です。グラグラしたりすることは全くありません。液晶カバーは指で抑えないと勝手に閉じてしまうので、Galaxy S 5を操作するときは文庫本を持つような形になります。液晶カバーを閉じるとGalaxy S 5の画面が小窓用にリサイズされます(Sビューウィンドウと言います)。初回起動時はSビューウィンドウの壁紙を選択するのですが、ご覧のとおり、デフォルトではケースと同じカラーの壁紙が表示されます。これは、内部に仕込まれた「Samsung ID Chip」という認証チップによって判別されているそうです。電源ボタンを押した時に表示されるロック画面です。左下のロックキーを右側にスライドさせるとホーム画面が、右下のカメラアイコンを左側にスライドさせるとカメラが起動します。ホーム画面には時刻や歩数、天気を表示させることができます。電話が鳴ると電話アプリが表示され、ボタンをスライドさせると普段通り応答でき、液晶カバーを閉じたまま話せます。不在着信や未読SMSなどは画面を左に移動すると表示される通知パネルで時系列に確認できます。音楽の再生中はSビューウィンドウを介して操作できます。ロック画面またはホーム画面ではカメラを起動してそのまま撮影できます(ただし、UIは縦向き固定です)。



(juggly.cn)記事関連リンク
プラスワン・マーケティング、SIMロックフリーのスマートフォンブランド「freetel」の新ラインアップ6機種を発表
auのAndroidスマートフォン・タブレットが5月15日より米国におけるLTEローミングに対応
Motorola、1万円台前半の格安スマートフォン「Moto E」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP