ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シカゴ・ハウスの伝説、ロン・ハーディの未発表ミックスがRAポッドキャストで公開される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シカゴ・ハウス・シーンに大きな影響を与えた伝説のDJ、ロン・ハーディのライヴ・ミックスがこのたび、海外のエレクトロニック・ダンス・ミュージック専門メディア、〈Resident Advisor〉の名物ポッドキャストにて公開された。

先日急逝したフランキー・ナックルズとともに、1980年代、シカゴにて活躍し、シカゴ・ハウスの誕生に大きな影響を及ぼした伝説のDJ、ロン・ハーディ。フランキーが離脱した〈ウェアハウス〉というクラブが〈ミュージック・ボックス〉と名を変えるとともにレジデントになり、その後、フランキーが新たに始めた〈パワー・プラント〉というクラブと、そのシーンの人気を二分した。彼らの競争がシカゴ・ハウス誕生にひとつエネルギーを与えたと言えるだろう。

どちらかと言えば端正でストーリーを作っていくようなフランキーに比べて、ロンのプレイはラフでワイルドなノリが特徴であったと言われている。

シカゴ・シーンでの強烈な影響や伝説とは裏腹に、あまり楽曲をプロデュースしなかったこと(1985年に実質、ヴィンス・ローレンスの楽曲と思われる「Sensation」という楽曲を〈TRAX〉からリリースしている)、1991年という早い時期にこの世からさり活動期間が短かったこともあり、インターネットが普及するまで、シカゴ外からは謎の存在と言われてきた。ネットの普及以降は現地のファンたちが録り貯めた当時のミックスや、エデットなどが多数リリースされるようになり、そのプレイの人気の一端やシカゴ・ハウス黎明期のシーンの状況が解明されつつある。

今回のミックスは、〈Grimy Edits〉などでリリースする、シカゴのDJ、Zernellによる秘蔵の未発表ミックスとのこと、1987年にシカゴのクラブ〈C.O.D.’s〉で録音されたもののようだ。

彼らしい初期シカゴ・ハウスやディスコなどが高いテンションでミックスされていく。

ミックスは、下記RAのサイト、もしくはiTunesのポッドキャスト・フィードにてダウンロードができる。
(河村)

・ロン・ハーディのポッドキャストはコチラで配信中
http://jp.residentadvisor.net/podcast-episode.aspx ?id=41 5

参考情報
・フランキー・ナックルズ『Best of Frankie Knuckles』はOTOTOYでも配信中
http://ototoy.jp/_/default/ p/39513

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP