ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Beam2の実部写真、プロジェクターの輝度は20ルーメンに向上したらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日中国で発表されたSamsungのプロジェクター内蔵スマートフォン新モデル「Galaxy Beam2」の実物写真が台湾のePriceで公開されました。Galaxy Beam2は、前作(Galaxy Beam)に似た形状ながらも、ディスプレイが4.8インチに拡大するなど大型化。フレームはメッキ塗装になって前後パネルの表面仕上げもメタリックなものに変わっており、外観はGalaxy S 4のような感じに仕上がっています。Samsung Chinaの製品ページに気になるプロジェクター仕様は掲載されていませんが、同サイトによると、壁やスクリーンとの距離が前作と同じ場合、投映サイズも同じだったとのことです。また、輝度も20ルーメンに向上したそうです(前作は15ルーメンでした)。仕様は少し強化されたようですね。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、スペックを大幅に強化した「URBANO L03」を発表
HTC One maxのSense 6.0アップデートが米国で始まる。カナダでは5月12日よりHTC One(M7)のアップデートが開始予定
Google Vioce Search SmartWatch : SmartWatch 2からGoogle Nowを呼び出してハンズフリーで音声検索や音声コマンドを実行できるプラグイン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP