ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【続報】ギレルモ・デル・トロ制作の怖すぎるお母さんホラー『MAMA』劇場公開決定! しかも安いぞ…[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


以前ホラー通信でもお伝えした映画『MAMA』。ギレルモ・デル・トロ製作総指揮、アンディ・ムスキエティ監督でおくる今作は、少女たちが“ママ”と呼ぶ“おそろしい何か”を題材にした戦慄のホラーです。


日本では6月4日にBlu-ray&DVDのリリースが決まっていますが、なんと発売直前に劇場公開が決定。上映期間は短いですが、この破格の料金設定。なんとしてでも都合をつけて行きたいものです……!

予告編とその他の画像が表示されない方はホラー通信をご覧ください。

『MAMA』劇場公開
■5 月 17 日(土)~5 月 23 日(金)
■入場料金:1,000 円(税込)
■公開劇場:【北海道】ユナイテッド・シネマ札幌 【東京】ユナイテッド・シネマ豊洲
【愛知】ユナイテッド・シネマ豊橋 【大阪】ユナイテッド・シネマ岸和田
【福岡】ユナイテッド・シネマキャナルシティ


精神を病んだ父親に、古ぼけた山小屋のなかに連れ込まれた幼い姉妹・ヴィクトリアとリリー。父親は彼女らを殺害しようとしますが、そこに潜んでいた“何か”が逆に父親の命を奪い、彼女たちを助けます。
それから5年後、その何もない山小屋のなかで発見された彼女たち。普通なら食べ物もなく死に絶えているところですが、彼女たちは生きていました。肌が真っ黒に汚れ、人間とは思えない奇妙な四つ足歩きをしている姿で。
彼女たちは精神鑑定を受けながら、父親の弟であるルーカスのもとで生活をすることになります。徐々に人間らしい振る舞いを身につける彼女たちですが、まだひとつおかしなところがありました。彼女たちは、見えない“何か”を“ママ”と呼び続けていたのです――。


彼女たちの周りに常に居続け、その不気味な存在感だけを漂わせる“ママ”。姿が見えないだけに、観ているとどんどん“未知のおそろしいもの”として想像が膨らんでいきます。「怖い、でも正体を知りたい」と思わせる、観客をグイグイ引き込む演出は鳥肌もの。可愛らしい幼い姉妹の無邪気さも、この恐怖を煽るポイントとなっています。是非とも劇場で、そしてご家庭で、“ママ”の正体を確かめてください。

映画『MAMA』は5月17日より限定公開、6月4日にBlu-ray&DVD発売です。どうぞお楽しみに。

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP