ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Garmin、アクティビティトラッカーとしても機能するランナー向けGPSウォッチ「Forerunner 15」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Garminは5月6日、アクティビティトラッカー機能を備えたランナー向けGPSスポーツウォッチ「Forerunner 15」を発表しました。Forerunner 15は、ランニング中はGPSで走行スピードや位置、走行距離、消費カロリー、心拍数などを計測し、それ以外では日々の歩数や消費カロリーなどを計測できるランナー向けのGPSウォッチです。エントリーレベルのForerunner 10とアクティビティトラッカー vivofitを融合させたかのうな製品となっており、日々の行動までも記録したいというランナーの需要を1台で満たせる内容となっています。Forerunner 15には2つの動作モードがあり、「GPSモード」で従来通り8時間の連続使用が可能。一方、「時計/アクティビティトラッカーモード」では5週間は持つとのことです。GPS用のバッテリー容量なので、アクティビティトラッカーとしては他社製品に比べて数倍長持ちですね。Forerunner 15もGarmin Connectに対応しています。また、本体は50m防水対応です。

Forerunner 15は、2014年春に発売される予定です。米Garminの直販サイトでは既に予約販売が行われています。価格は、単体モデルが$169、ハートレートモニター付きが$199です。カラバリは、小型モデル(black/green、teal/white、violet/white)と大型モデル(lack/blue、red/black)です。Source : GarminGarmin製品ページ



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、NFCワンタッチ接続に対応したポータブルワイヤレススピーカーの新モデル「SRS-X1」と「SRS-X2」を発表
これがGalaxy S 5 mini? SM-G800の製品ページを撮影した写真が流出
AKB48の公式リズムアクションゲーム「AKB48 ついに公式音ゲーでました。」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP