体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アドビのAndroidキャンペーン始まる!? 「iPhoneアプリを10分でAndroidアプリにできる」

『AIR』の開発ブログ『Adobe AIR Team Blog』

アドビ システムズがFlashから『iPhone』アプリを書き出す機能『Packager for iPhone』について「今後投資しない」と明言し、アップルによる新iPhone OSからのFlash締め出しに回答した同日、今度はAndroidアプリを積極的にサポートしていく動きを見せています。アドビのアプリケーション実行環境『AIR』の開発ブログ『Adobe AIR Team Blog』に「Flash to AIR applications for Android in 10 minutes!」という記事が公開され、『iPhone』向けに制作したFlashやAIRのアプリケーションが、10分でAndroidアプリに移植できるとアピールしているのです。

ブログ記事には、AIRアプリケーションをAndroidアプリに変換する『AIR for Android』のプライベートベータプログラムに参加するクリエーターのコメントを掲載。2~3時間から、早い人は10分でAndroidアプリに移植できたと紹介しています。10分で移植できた例は、おそらく前もって『iPhone』アプリ用に制作していたFlashのプログラムがあり、それをほとんどいじらずにAndroidアプリにできたのでしょう。

こうしたコメントのほかに、記事ではAndroidアプリに移植された事例として34ものアプリケーションをブログ記事、動画へのリンクで紹介。「iPhoneアプリ書き出しがダメならAndroidだ! FlashゲームをAndroidアプリに移植したクリエーター」の記事でご紹介した、タカヒロウ(宮澤卓宏)氏の『モアイまわし』も含まれています。おそらく、FlashからAndroidアプリが簡単に作れることを全世界で一斉にアピールするのが狙いと考えられます。

アドビとFlashユーザーの“iPhone離れ”を象徴するこちらの記事。ひるがえったアドビのAndroid支持キャンペーンが今後活発化していきそうです。

Flash to AIR applications for Android in 10 minutes! (Adobe AIR Team Blog)

画像:『Adobe AIR Team Blog』より引用

■関連記事
アドビの“iPhone離れ”を経営陣が認める
iPhoneアプリ書き出しがダメならAndroidだ! FlashゲームをAndroidアプリに移植したクリエーター
iPhone OS 4にみる、アップル本気の『どくさいスイッチ』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。