体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

机の上に軍師を飾れ!『最強武将伝・三国演義 アクションフィギュア』タカラトミー発売

最強武将伝・三国演義 アクションフィギュア

タカラトミーは、放映中のアニメ『最強武将伝・三国演義』の商品シリーズとして、その世界観を再現して楽しめる『アクションフィギュアシリーズ』全8種類を4月24日より全国で発売します。価格は各1029円(税込み)です。

『最強武将伝・三国演義 アクションフィギュア』は、中国ではすでに発売中のフィギュア商品シリーズ。首、肩、ひじ、腰などの関節を自由に動かしてポーズをつけることができ、物語の名場面を机の上に再現して楽しめます。また、手を付け替えて武器を握らせたり、付属の小物を持たせたりすることも可能。思い通りのポーズでディスプレイできます。

『最強武将伝・三国演義』では、後世には商業の神さまとして神格化された武将・関羽をはじめ、「死せる諸葛(しょかつ)生ける仲達(ちゅうたつ)を走らす」と言われた希代の軍師・諸葛亮(孔明)など、個性あふれる武将たちが知謀知略をめぐらせるストーリーが展開します。

最強武将伝・三国演義 アクションフィギュア

昨今の歴史ブームの背景には、「不安定な社会のなかで、時代を作った英雄の生き方に、自分たちの“憧れ”や“手本”を求める気持ちがある」とタカラトミー。才能豊かな英雄たちを机の一角に飾っておけば、仕事に行き詰ったときに武将たちがよい知恵を授けてくれるかもしれませんね。

フィギュアのサイズは、サイズはW160×H160×D60mm。ラインナップは、諸葛亮(しょかつりょう)、張飛(ちょうひ)、曹操(そうそう)、劉備(りゅうび)、関羽(かんう)、呂布(りょふ)、超雲(ちょううん)、貂蝉(ちょうせん)の8種類です。
 
 

■関連記事
【アキバックス】『初音ミク』のプレミアムフィギュアがかなりの完成度 大きさはfigmaの2倍でパンツは白!
『怪獣ブースカ』が秋葉原ラジオ会館をジャック!? 4月1日『特撮リボルテック』発売記念イベント開催
新感覚フィギュア『ツミコレ』シリーズに『ザクマニア第3弾~迎撃!連邦のモビルスーツ!~』登場

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。