体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そんな死人の写真がとりたいのだろうか……携帯カメラが泣いている

Amazonの悪魔

とっさの時の衝動、そんな感覚はありえないと思いながらも、現場に直面したら自分はどうするのだろうと自問してしまいました。今回はみやびさんのブログ『Amazonの悪魔』からご寄稿いただきました。

そんな死人の写真がとりたいのだろうか……携帯カメラが泣いている
昨日の朝のことです。ゴミを出してから出社しようと(生活感あふれる話だ)、いつもより2本ほど遅い電車に乗るつもりで家を出ました。家中にビールの缶とかがちらばってて、とても危険だったもので(^^; 嫌ですね、独り者はどうしてもちらかしてしまって。

最寄の駅前についた時のこと。ちょうど駅のエスカレーターが見えて、「今日はずるしてエスカレーターで登っちゃおうかなぁ(普段はダイエットのためなるべく階段を使用)」なんて思った瞬間。

視界の隅で何かがくず折れるのが見えました。「あれ?」と思ってみれば……人が倒れている

とっさに周りを見渡したのですが、だれも駆け寄らない。悲鳴をあげてる女性は何人もいるのですが、叫んでるだけで近づかない。男性もそんな感じ。まぁ、そりゃそうです。とっさにすぐ動けるものではなく、私も一瞬硬直してました。

(だれもいかないのかよ……よし)躊躇(ちゅうちょ)の後に一歩踏み出した時、ひとりの若者(20代中盤ぐらいでしょうか。雰囲気は大卒2年目ぐらいのサラリーマンといった感じのさわやかな印象の男性)が駆け寄るのが見えました。私も足を早めます。

崩れ落ちたのは、一昔前のチーマーというか、カラーの方というか、ヒップホップ系の格好で、耳にピアス、首からは金のネックレス。体格もまぁ、太めで私からすると親近感がわく、そんな方。
目は焦点があっていないというか、白目というか、一目で「おかしい」とわかる感じ。

ともかく急いで呼吸を確認……「ない」。一緒に駆け寄った若者に脈をとってもらい、私は心臓音を確認……「やばい、ないよ」。彼の胸につけた私の耳には鼓動を感じられません。

幼いころ、私の周りには消防士のお兄さん達がたくさんいて、いつも遊んでもらってました。そのころおもしろ半分に様々な救命方法を習っています。まぁ、うろ覚えでは仕方ないのですが、先日友人なんかと冗談半分にやり方をGoogleで検索して実際に練習していたのが幸いしました。

「私が心臓マッサージをやります」そう告げると、うなずいた若者が黙って気道を確保します。人工呼吸をしようとしてるのがわかりました。こっちは頭が真っ白気味ですが、出来ることがあるならやらないと。ともかく、力をかけすぎないように心臓マッサージ。ドン!ドン!ドン!といった感じ。力を入れすぎると骨が折れることもあるそうなのですが、いまいち加減がわからない。「一秒よりやや早めぐらいの感覚でやるといいよ」子供のころのお兄さん達の声を思い出します。ともかく、やるしかない。私のタイミングに合わせて人工呼吸も始まりました。息さえしてくれれば、心臓が動いてくれれば……夢中で続けるマッサージ。

その時、妙な音が聞こえてきて、周りを見回しました。心臓マッサージをする私の目に入ってきたのは……携帯を構えて写真を撮るOLや学生さんの姿。

「ピロリン」「カシャッ」様々な音が聞こえてきます。
とっさに動けないのも仕方ない。やり方がわからないなら、手伝えないのも仕方ない。私だってとっさに動けていなかった。けれど「それはないだろう」と。「何やってるんだよ」と。

「動けるのなら、いいからAED探してこい!」叫びたくなりました。
何人かの人が「AEDありませんかー!」と叫んでる声は聞こえていました。最寄の駅にあるはず。そう思ってもこっちは人と話す余裕がありません。ただひたすら、リズムを刻んで心臓を押します。ある程度やっては人工呼吸に合わせて定期的に心臓音を確認、どれだけそんな事をしていたか。AEDが来る前に、変化が起こりました。

「ぶるっ」一瞬の身震いのあと、自発呼吸が。心臓も動き始めました。

たぶん、実際にやってたのはそれほど長い時間ではないのでしょうが、思わずスーツのまま地べたにペタリ。そのすぐ後に、人をかきわけてくる白衣が見えました。救急車の到着です。「後は専門家に任せられる」そう思ったら、力ががっくり抜けました。けれど、野次馬が邪魔で、すぐによってきてくれません。聞こえるのはまたしてもシャッター音。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。