ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

100000tアローントコが選ぶ今月の一冊:入門なしで、現物ドン!『ニーチェ全集II「善悪の彼岸 道徳の系譜」』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『ニーチェ全集II「善悪の彼岸 道徳の系譜」』

編集部より)『ガジェット通信』のシリーズ連載「書店・ブックカフェが選ぶ今月の一冊」の京都編です。京都編の裏テーマは「本屋に行こう」。店主さんのおすすめ本やお店の日常を京都在住のライターがほぼ飛び込みで取材を行い「本のある場所に通うたのしみ」をライブでお届けします。

『100000tアローントコ』店主・加地猛さんが選んだ「今、面白い本」

書名:ニーチェ全集II「善悪の彼岸 道徳の系譜」
著者名:フリードリッヒ・ニーチェ著/信太正三訳
出版社:筑摩書房(ちくま学芸文庫)

「取材の企画書をよく読んだら『今、面白いと思う本をご紹介ください』って書いてあったから」と手渡されたのは、思いのほか重量感のある小難しそうな本である。加地さんはしおりを挟んであったページを開き、おもむろに朗読をはじめた。低くてよく響くよい声である。

ひとはときどき人間愛からして、お好みしだいの人を抱擁する(万人を抱擁することはできないから)。しかしこのことこそは、当の相手に洩らしてはならないところなのだ・・・・。
ひとは相手を軽視しているかぎり、憎むことはない。相手を同等もしくは一段すぐれたものと認めたときに、はじめて憎む。
『善悪の彼岸』第四章 箴言と間奏曲172,173(P144)

「なぜこの一節を?」と訊くと、「個人的にかみしめとっただけや」とページをパタンと閉じた。加地さんいわく、「この本は、要するに『超訳 ニーチェの言葉』とか、ああいう感じの本の真反対。入門なしで、現物をドン!やねん」。たしかに、片手で持つのは少々重たい。

「今、wikipedeia的な理解にちょっと偏りすぎている気がするから。『だよねー』ってわいわい言い合っているようなところに、その対極にあるものを投げたい感じがするねん。『超訳 ニーチェの言葉』はものすごく売れたけど、『現物はコレですからね』って言いたい。こんなん、俺もわからへん。でも、ものごとの理解っていうものは『全然わからんわ』っていうところから始めるべきなんじゃないかって思う訳ですよ」。

いつも「クロエ・グレース・モーリッツかわいい」「井川遥がいい」とか、そんなことしか話さない加地さんが、妙に真面目なことを言う。本屋の店主とは、たまには本の話をしてみるものだ。
※本記事で紹介した書籍は、2014年4月23日の店頭在庫品です。

そこに「本屋をやってみたい学生さん」がやってきて

京都『100000tアローントコ』

『ニーチェ全集』を前に腕を組んでいると、「大学の授業で『新しい本の売り出し方を考え、実践する』という課題があるのだけれど、どうすればいいのかわからない」という学生さんがやってきた。名前は中谷利明くん。京都精華大学でグラフィックデザインを学び、個性派出版社『ミシマ社』で“デッチ”もしているそうだ。面白そうなので一緒に話を聞くことにした。

中谷:でも、実際どこでどんな風に売り出せばいいのか、全然わからなくて。加地さんはなぜここでお店を開いているんですか?
加地:僕はこの寺町通が好きなんです。以前も寺町通で3年間お店をやっていて、ビルの取り壊しで立ち退きになったんだけど、そのとき改めてここがいいなあと思って。左京区エリアと街の境界線上にあるのがすごい好き。
中谷:本だけじゃなく、中古レコード・CDも売っていますよね。本屋のかたちを作る上で気をつけていることは何ですか?
加地:今、「編集」とか「デザイン」とかすぐ言われるけど、僕は編集が好きじゃないねん。まあ、編集しないことも編集やデザインになるのかもしれないけれど、敢えて言うなら「編集しない派」やな。「この人、何もわかってないなあ」と思われる“余地”が欲しいねん。「すごいいいセレクションですね」って言われたりしたって、僕が扱っているのは買い取りで集めた中古で、こちらが望むものはほとんど入って来ないわけやし。手元にやってきたモノに「どうする?」って言われて並べていくようなものだから。

中谷くんは、「もう本屋について考えすぎて疲れてしまっていて」とため息をつく。すると、たまたま居合わせた、同じく京都の古本屋・本屋『世界文庫』の古賀鈴鳴さんが、ためらいがちな人生にしみる一言をキメた。「何かを始めるときに失敗とか、成功とか考えたら何もできないよ」。

ふたりが帰った後「あー、おもしろかったなあ!」と声を上げる加地さん。お客さんと加地さんの対話は、このお店をかたちづくるのに必要不可欠なかたちないもの、なのである。ちなみに、後日ふたたび来店した中谷くんは、100000tアローントコの出張店舗(?)『100000tナミイターレ』の店長をまかされることになったそうだ。次回は、その後日談についてもレポートしようと思う。

『100000tアローントコ』について

京都『100000tアローントコ』

店名:100000tアローントコ
住所:京都市中京区寺町御池上がる上本能寺前町485モーリスビル2F(京都市役所西側)
ウェブサイト:http://100000t.com
京都市役所横、寺町御池上る40歩。古本、レコード、CD、DVDなどの中古品をいろいろ扱っている。古本、レコード、CDなどの掘り出し物発見率と高価買取っぷりには定評がある。

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。