体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画家15周年! ピョコタン先生が語る「売れる漫画の書き方」

ピョコタン先生

『ゲームラボ』(三才ブックス)や『コロコロコミック』(小学館)系の雑誌や書籍に漫画やイラストを描いている、漫画家のピョコタン先生。なんと、漫画家人生15周年とのことで、今回は特別インタビューの機会をいただくことができました。

・最初の原稿料は1ページ5000円
記者: 漫画家としてデビューしてから15周年とのことで、おめでとうございます。
先生: どもども。もう32歳ですよ。年をとりました。
記者: 漫画家としての最初の仕事って何ですか?
先生: ゲームの4コマ漫画だった気がする。『ボンバーマン』の漫画。
記者: どこの出版社ですか?
先生: レッカ社っていう編集プロダクションの吉田さんが担当者だった。ウサギみたいなビーバーみたいな顔した人。親切な人だったなあ。
記者: 最初の仕事の原稿料はどれくらいなんですか?
先生: 1ページ5000円くらいかな。
記者: 最初からけっこう儲かってたんですか?
先生: レストランのバイトしてたから、原稿料も含めて年収180万円はもらえてたよ。けっこう儲かってた。
記者: 180万円ですか。最近はどれくらいの年収ですか。
先生: 今も同じくらい儲かってるよ。安定した収入だね。

・趣味はゲーセンのメダルゲーム
記者: そういえば、先生の趣味は何ですか?
先生: 最近はあまりやってないけど、メダルゲームかな。
記者: ゲームセンターのメダルを落としたりするアレですか?
先生: そう。メダルゲームやるために定期券買って、自宅がある西日暮里から池袋のゲームセンターまで毎日通ってた。
記者: メタルゲームって、いくらメダルを手に入れても儲からないんでしょう?
先生: 儲からないよ。『サントロペ』と『GIGO』っていうゲーセンをハシゴして遊んでたなあ。両方にメダル1万枚あずけてた。

・ピョコタン流! ヒットする漫画の書き方を伝授
記者: そういえば、15年前からぜんぜん絵がうまくなってないですよね。
先生: 絵はうまくならなくてもいいような気がする。
記者: 100万部とかそろそろヒットする漫画だそうとは思わないのですか。
先生: これは秘密だけど『ワンピース』みたいな漫画を描きたいと思ってる。漫画のタイトルって、ググって一番最初に出たら勝ちだと思ってるわけよ。ワンピースなんてそこらじゅうにある服だぞ! それでググって漫画の『ワンピース』が一発目にくるのはすごい。
記者: 漫画家はグーグルを攻略したもの勝ちということですか。
先生: そう。だから「蛍光灯」とか「電卓」とかそういうタイトルで漫画書いてググッて一番最初に出したいわけ。勝ち組はクグって一番最初にくる。いかに一般的な単語で勝負するかがカギ。『ワンピース』はすげえ。そこがすげえ。尊敬に値する。読んだことはない。
記者: なるほど。
先生: 『mixi』の「ワンピース読んで泣く」っていうコミュニティにもいっぱい会員がいるし、泣ける話はウケると思う。
記者: ピョコタン先生、泣ける漫画なんて描けましたっけ? ピョコタン先生って変態系の漫画じゃないですか。
先生: 泣けるの描けるよ。うまいことやって。『ワンピース』みたいな泣ける要素も入れると売れる気がする。最近気づいた。
記者: どんな泣ける話がウケるんでしょうか。
先生: ヒットする法則を教えてあげる。ウケるのは、友情系とペットや身内が死んじゃう系。ツンデレ理論を応用して、涙を誘発する展開。さらにタイトルが『ワンピース』のように一般的なものなら最強。「ロケットペンシル」とか「A4コピー用紙」とか。
記者: 萌え要素はいらないのですか? 美少女とか。
先生: 萌え要素で僕が儲けるには、超えなければならない壁が多すぎるから効率悪い。まず上手に胸や顔を描けなければ話になんないから。ヒットには法則があるんだよ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会