体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PlayStation 3、PlayStation Vita用RPG『ロストディメンション』8月7日発売決定!

ロストディメンション_ロゴ

フリューは、PlayStation 3およびPlayStation Vita専用のオリジナルRPGゲームソフト『ロストディメンション』を、2014年8月7日に発売すると発表しました。PlayStation 3のゲームソフトの発売はフリューとしては初となります。

『ロストディメンション』とは

lost_dimension_screen

次元の狭間から突如出現した巨大建造物「ピラー」を舞台に、予知能力を持つ主人公の青年、ショウ・カスガイ(CV:山本裕典)が、選ばれし特務機関「S.E.A.L.E.D.(シールド)」の一員として、世界を滅亡から救うべく戦う物語です。世界を終わらせる者、ジ・エンドとの決戦に向けて「ピラー」を昇る「S.E.A.L.E.D.」メンバー。しかし「ピラー」の階層を進む度に、仲間のうち誰か一人を消去(イレイズ)することを迫られます。仲間の中にいる裏切り者はプレイごとに異なり、常にスリリングな展開を味わうことが出来ます。主題歌にはfripSideの未発表の新曲を起用、オリジナルタイトルのゲーム主題歌を担当するのは本作が初めてとなります。

作品概要

スタッフ

ロストディメンション_キャラCG_all

キャラクターデザイン:土林誠/ゲストキャラクターデザイン:三輪士郎/タワーデザイン:緒賀岳志/キャラクターイラストレーション:山下祐/サウンド(メインテーマ):浅倉大介/開発:ランカース/シナリオ:熊谷純 ※敬称略

ストーリー

ロストディメンション_キャラクターイラスト_ジエンド

世界滅亡まで、あと13日!
「ジ・エンド」と名乗る謎の男が仕掛ける破壊と殺戮。
次元の狭間から出現する巨大な塔「ピラー」。
ピラーに姿を現した「ジ・エンド」は、世界に向けてこう宣言する。
「世界を救いたければ、俺を殺せ。
俺はこの塔の最上階にいる――。
ピラーを昇るには、”能力者“の犠牲が必要だ。
仲間同士殺し合い、ピラーを昇ってこい――!」

ゲームの舞台

ロストディメンション_ピラー1

次元の狭間から、突然ニューヨークの一部を取り込んで出現した、巨大建造物。
常識外の巨大さ、異様な外見。
誰が何の目的で作ったものかは不明。

主要キャラクター紹介

ロストディメンション_キャラCG_ジエンド

~世界を終わらせる者~
ジ・エンド

全世界で無差別にテロを繰り返す謎の男。「ピラー」の中に現れ、世界を救う鍵となる能力者たちに対して、宣戦を布告する。

1 2次のページ
せんとすの記事一覧をみる

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy