ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PlayStation 3、PlayStation Vita用RPG『ロストディメンション』8月7日発売決定!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

フリューは、PlayStation 3およびPlayStation Vita専用のオリジナルRPGゲームソフト『ロストディメンション』を、2014年8月7日に発売すると発表しました。PlayStation 3のゲームソフトの発売はフリューとしては初となります。

『ロストディメンション』とは

次元の狭間から突如出現した巨大建造物「ピラー」を舞台に、予知能力を持つ主人公の青年、ショウ・カスガイ(CV:山本裕典)が、選ばれし特務機関「S.E.A.L.E.D.(シールド)」の一員として、世界を滅亡から救うべく戦う物語です。世界を終わらせる者、ジ・エンドとの決戦に向けて「ピラー」を昇る「S.E.A.L.E.D.」メンバー。しかし「ピラー」の階層を進む度に、仲間のうち誰か一人を消去(イレイズ)することを迫られます。仲間の中にいる裏切り者はプレイごとに異なり、常にスリリングな展開を味わうことが出来ます。主題歌にはfripSideの未発表の新曲を起用、オリジナルタイトルのゲーム主題歌を担当するのは本作が初めてとなります。

作品概要

スタッフ


キャラクターデザイン:土林誠/ゲストキャラクターデザイン:三輪士郎/タワーデザイン:緒賀岳志/キャラクターイラストレーション:山下祐/サウンド(メインテーマ):浅倉大介/開発:ランカース/シナリオ:熊谷純 ※敬称略

ストーリー


世界滅亡まで、あと13日!
「ジ・エンド」と名乗る謎の男が仕掛ける破壊と殺戮。
次元の狭間から出現する巨大な塔「ピラー」。
ピラーに姿を現した「ジ・エンド」は、世界に向けてこう宣言する。
「世界を救いたければ、俺を殺せ。
俺はこの塔の最上階にいる――。
ピラーを昇るには、”能力者“の犠牲が必要だ。
仲間同士殺し合い、ピラーを昇ってこい――!」

ゲームの舞台


次元の狭間から、突然ニューヨークの一部を取り込んで出現した、巨大建造物。
常識外の巨大さ、異様な外見。
誰が何の目的で作ったものかは不明。

主要キャラクター紹介


~世界を終わらせる者~
ジ・エンド

全世界で無差別にテロを繰り返す謎の男。「ピラー」の中に現れ、世界を救う鍵となる能力者たちに対して、宣戦を布告する。


~未来を見通す能力者~
ショウ・カスガイ(CV:山本裕典)

これから起きる事を予知する能力「ヴィジョン」のギフトを持つ18歳の青年。その能力を使って周囲の人々を大破壊から救っていたことから、対ジ・エンド特務機関S.E.A.L.E.D.に選ばれる。未来を併せ視る能力を持ち育ってきたせいか、ギフトの力を使わずとも高い洞察力を持つ。


~思考に干渉するテレパス~
ヨウコ・タチバナ(CV:未来穂香)

歌手になることを夢見て努力している、どこにでもいそうな女子高生。成績も容姿も普通。無自覚ながら、歌手志望の夢もそんな「フツーな自分」への反発である。テレパシーのギフトを持つが、なぜかその能力を嫌っており、必要に迫られた時以外は絶対に使おうとしない。

『ロストディメンション』
対応機種:PlayStation 3、PlayStation Vita
発売日: 2014年8月7日予定
ジャンル:RPG
価格:  PS3:7180円(税別)/PS Vita:6280円(税別)
     ダウンロード版PS3:6480円(税別)
     ダウンロード版PS Vita:5780円(税別)
CERO:  審査予定
予約特典:先行無料配信 追加「コスチューム&クエスト」プロダクトコード
(・主人公ショウ・カスガイのスペシャルコスチューム 「英雄の白き衣」(ジ・エンドVer.)
・追加クエスト「崩壊への序曲」)

『ロストディメンション』公式サイト
http://www.cs.furyu.jp/lostdimension/

(C)FURYU CORPORATION 2014 All Rights Reserved.


■関連記事(ゲームライフニュース)

プロレスムーブで敵を蹴散らせ! 『覆面闘士(マスクド・ウォリアーズ)』来日!
発売直前『NAtURAL DOCtRINE』 オンラインモードの詳細を公開!
『NAtURAL DOCtRINE』 北米・欧州・アジアで発売決定!
『NAtURAL DOCtRINE』プレイ動画「ゲームガイド後篇」公開!
『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』 遂に発売! 初回限定封入特典は第一作HDリメイク&ボーナスシナリオ

せんとすの記事一覧をみる ▶

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP