ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

資生堂のイベント「美と、花あそび。」レポート 話題の「資生堂書体」の限定グッズも登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


すっかり春本番。街を歩く人々の服装も軽やかに、女性のメークもより華やかに感じる季節です。皆さんは春の新しい化粧品をもうゲットしましたか? 3月28日、銀座「資生堂花椿ホール」にてSHISEIDO THE GINZA主催のスプリングパーティー「美と、花あそび。」が開催。春の訪れを感じさせるお花見空間を屋内で楽しみながら、春のビューティーのトレンドや、ショーにドレスアップした皆さんがウキウキと訪れていました。


会場ではプロのメーキャップアーティストの皆さんによるメーキャップサービスや、カメラマンによる写真撮影も。


資生堂トップ ヘア&メーキャップアーティスト・鎌田由美子さんによるメーク講座や、同店所属のスタイリストによるヘアアレンジのステージも。とっても素敵だけど、これはステージの上の事で私とは別の世界……と思うことなかれ! SHISEIDO THE GINZAでは鎌田さん直伝のメークレッスンをはじめ、プロのアーティストの皆さんにメークをしてもらったり、ヘアセットをしてもらったり、自分に似合うアイテムを教えてもらったり、そんな夢の様なサービスを受けることも。これまでなんとなくの自己流メークをしてきた方は、ぜひ体験を!


この日はフラワーアーティスト川崎景太さんと、インタラクティブアーティスト松尾高弘さんのコラボレーションによる、プロジェクションマッピングの技術を応用した、花と映像による光のインスタレーションアートも公開。店頭で配られた花を来場者一人ひとりが生けることよって完成するという魅力的な試みで、音楽とともに完成映像が流れると会場には拍手と歓声があふれました。

SHISEIDO THE GINZAでは、毎月第2木曜日17:00~19:00に、資生堂パーラーによる特製カクテル、ソフトドリンク、フィンガーフードをサービスする「ハッピービューティーアワー」など、様々なイベントを実施中。5月は、同店3周年記念日の5月14日に行われる予定。公式サイトやFacebookにて随時情報を配信しているので、お見逃し無く。

話題の「資生堂書体」が素敵な風呂敷に!


1927年頃に社内デザイナーらによって確立された資生堂独自の書体「資生堂書体」。先日、資生堂公式YouTubeチャンネルにてスペシャル動画「美と、あそびま書。」が公開され、ネット上でも話題となりました。

そんな、資生堂書体をデザインした素敵な風呂敷が登場。2014年4月17日(木)より「美」、「あそびましょ」、「つらつらつばき」の3種類が「SHISEIDO THE GINZA」にて限定発売をスタートします。

資生堂書体は化粧品のパッケージや広告、資生堂ギャラリーの案内看板などで使用され、代々受け継がれてきた歴史ある書体。岡重は、1855年の創業より続く、京都の友禅染の老舗で、世界一美しい文様染の伝統と技術を継承しています。資生堂書体と京友禅という二つの伝統が出合い、しっとりと美しい風呂敷が完成しています。お土産を包んだり、これからの旅行シーズンに洋服を入れたりと使い方は無限大。動画と一緒にぜひチェックしてみてくださいね。


SHISEIDO THE GINZA
住所:東京都中央区銀座7-8-10 1-3F
営業時間:11:00-20:00 不定休
公式サイト: http://stg.shiseido.co.jp/
公式Facebook: https://www.facebook.com/ShiseidoTheGinza [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP