ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画を観ながら踊りまくれッ! インド映画『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』マサラディスコ上映

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


これはインド版『glee』? それともインド版『ゴシップ・ガール』!? 世界一のセレブ学園を舞台に繰り広げられる青春を、ゴージャスな歌や踊りにのせて描くインド製学園ミュージカル『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』。新人のみで固めた珍しい学園モノながら、本国で公開されるやいなや話題騒然。抜群のテンポとオシャレな音楽が若者にアツい支持を受けました。

そんな『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』がいよいよ5月3日に日本上陸。公開を前に、4月14日、渋谷・シネマライズにて“マサラディスコ”先行上映会が開催されました。

マサラディスコって何?

近年のインド映画ブームを支える欠かせない要素として、「マサラ上映」という新しい鑑賞方法が話題となっています。「マサラ上映」とは、ミュージカルシーンに合わせて観客も一緒に歌って踊ってOK、主人公の登場シーンではクラッカーを鳴らしたり、歓声をあげたりしてOKという、まるでライブ感覚で楽しめる鑑賞スタイル。

昨年公開した『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』で一気に“マサラ上映”ブームに火が付き、リピーターも続出!今ではインド衣装を纏ったり、オリジナルの紙吹雪を作る観客までいるほど。そして今回の“マサラディスコ”は、ファッショナブルでゴージャスなミュージカルシーンにちなみ、「ディスコ感覚で踊りに行こう!」ということで名付けられたそう。

映画を観ながら、踊って踊って踊りまくる!


この日は、公開前の映画にも関わらず、“マサラ初心者”から“マサラ常連組”まで劇場が埋まるほどの人々が集結。いつものマサラ上映のようにインド衣装の人もいれば、“マサラディスコ”ということでキラキラな衣装でドレスアップする人もいて、会場は華やかに彩られた。入場の際には、お決まりのクラッカーも配布され準備万端。


主人公の登場シーンやストーリーの見せ場では、クラッカーを鳴らしたり歓声や拍手で映画を盛り上げます。肝心のミュージカルシーンでは、手拍子はもちろんのこと、上映前に練習した振り付けを全員が踊っているのです。それはまるで、観客が映画の登場人物かのような盛り上がり。“マサラ常連組”は、もはや座席なんて関係なくスクリーンの前で踊る、踊る! ここは映画館なのか、はたまたディスコなのか……とにかく感じるままに体を動かして映画を楽しむ観客たちが、そこにいたのでした。

俺も私も踊ってみたい! と思ったアナタ。今後も本作にてマサラディスコ上映を実施する予定もあるそう。公式サイトにてスケジュールなどの情報が配信されるので、お見逃し無く。

『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』ストーリー

名門私立学校の聖テレーザ学園。そこでは毎年、ナンバーワンの生徒を目指し、全生徒が競い合うコンテストが行われている。今年の注目はロハン(ヴァルン・ダワン)。父は実業界の大物で申し分ないはずだが、父からはロックスターを目指していることを反対されており関係がうまくいっていない。そんなとき、スポーツ万能、ダンスのキレ良し、頭も良くておまけにナイスガイのアビ(シド・マルホトラ)が学園に転校してくる。何をやっても目立つアビはロハンと対立するが、やがて2人の間には良きライバルとして友情が芽生え始める。だが、ロハンのガールフレンドのシャナーヤ(アーリヤー・バット)とアビが接近し始め、3人の関係はぎくしゃくし始めて……。

http://student-no1.com

(C)2012 EROS INTERNATIONAL MEDIA LIMITED. 

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP