ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『海月姫』キャスト発表! 「私はチューチューおたくです」オタ女役・能年玲奈のコメントがなんかすごい

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2008年の連載開始以降、現在までに累計発行部数270万部を突破した東村アキコによる漫画「海月姫」がついに実写映画化! オタ女の月海役に能年玲奈さん女装美男子に菅田将暉さん、エリート童貞に長谷川博己さんなど個性的なキャストが決定した事が明らかとなりました。

クラゲをこよなく愛する主人公・月海(つきみ)は、自らを“尼~ず”と称し「男を必要としない人生」を掲げるヲタ女子の集う男子禁制の共同アパート天水館(あまみずかん)で暮らしています。そんなある日、月海は、熱帯魚ショップでトラブルに巻き込まれ、おしゃれ女子にピンチを救われる事に。

翌朝、そのおしゃれ女子が、女装をしたれっきとした男子・蔵之介(くらのすけ)だと判明、驚愕する月海。月海や尼~ずを気に入った蔵之介は男であることを隠し天水館に出入りしはじめ、月海たちとの奇妙な友情(?)関係が始まります。初めてのメイク、初めてのときめき、蔵之介の影響で徐々に変わりはじめる月海の前に、天水館の取り壊しという最大危機が襲ってきて……。

監督は、『ひみつのアッコちゃん』『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の川村泰祐、脚本は『私の優しくない先輩』の大野敏哉、衣装デザインはきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手がける飯嶋久美子が務め、旬のクリエイターたちが「海月姫」の世界観を作り上げます。

各キャストからのコメントは以下のとおり。いや〜、月海や蔵之介はもちろん楽しみなのですが、鯉淵修好き、そして長谷川博己様のファンの筆者にとっては、もう想像しただけでときめき過ぎて大変です! 「どうしようもないオタ女子をたくさん集めて尼~ず試写会や、女装男子を集めた試写会をやりたいです!」という東村先生のコメントにも注目。ぜひ実現を!

■倉下月海(くらしたつきみ)役:能年玲奈

どう演じれば見てくださる方に楽しんでいただけるか、今一生懸命考えているところです。
私もクラゲを見るのは好きですし、あとウミウシも好きです。そんなところから入っていけたらいいのかな?と思っています。頑張らせていただきます。
原作「海月姫」の魅力ですが、私が魅力というのもおこがましくて言えないので、好きな場所を言わせていただきます。
なんてったって尼~ずが大好きです。尼~ずと楽しくおしゃべりしまくりたいです。
私が何オタクかといえば……チューチューおたくです。撮影の時も持って行っています。
…いきなりよく分かんない言葉かと思いますが…私の実家では、タオルケットの事をチューチューと言っていて、当たり前のようにその名称で使っていました。
ある日タオルケットというものの存在を知ってから私の中で、チューチューとタオルケットという似たようなものが混在するようになりました。中学生の時、友達の前で、チューチューがなくて眠れなかった。という話をした時大笑いされて初めて、そんなものは無いんだと知りました。思い出すと未だに恥ずかしいですが、
それでも私は!タオルケットではなくてチューチューが手離せません。

■鯉淵蔵之介(こいぶちくらのすけ)役:菅田将暉

自分の女装がどこまでの威力があるかはわかりませんが、何故女装してるのかという部分も含め表面的な美しさやダサさだけではないエンターテイメントとして魅せていきたいです。蔵之介の目線から見た月海や尼~ずの輝きを大事にしていきたいと思います。ちなみに今ハイヒールを履いて歩く練習をしています。こんな役作りは初めてなので、楽しみです。

■鯉淵修(こいぶちしゅう)役:長谷川博己

奇想天外 摩訶不思議なこの乙女な世界に、ちょっとしたスパイスとして存在出来たら良いなと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

■ばんば役:池脇千鶴
 
夢いっぱいのこの作品に少しでも参加できることが楽しみです。台本と監督を信じてばんばを生きていきたいと思います。

■千絵子(ちえこ)役:馬場園梓
 
始めはこの漫画を知らなくて、でもお話をいただいてから読ませていただいたらすごく面白かったので、本当に光栄です。
特に千絵子さんの見た目が自分にそっくりで、昔日本人形に憧れて、まったく同じ髪型にしている時期もあったので、かなり親近感が湧いています。
どちらかというと、引っ込み思案で友達も少ないし、私もプロレスオタクなので、今お笑い芸人をやっているから一応見られる事を意識してオシャレも頑張っていますが、この仕事を選んでいなかったら完全に尼~ずに馴染めるタイプです。
今でも渋谷や原宿に行くのは怖いですし、生まれてまだ一度もクラブという所に行った事がありません。怖いです。悪い人たちやマフィアの集まりだと思っています。
一人一人のキャラクターがとても面白いし、感動するし、応援したくなるので、たくさんの方々が楽しめる内容だと思います。

■まやや役:太田莉菜

「とうとう未開の地へ足を踏み入れるときがやってきたか……」。それが出演にあたっての感想です。
海月姫は予てより愛読していた作品でしたので、まややと聞いた瞬間は恐れ多すぎて、このひねくれ者のうっとうしい愛すべき「まやや」というキャラクターに、私が挑んで果たして大丈夫なものか、、、いやだめだ、でもやるんだ、いやでも、いや逃げちゃダメだ等の繰り返しでした。この世界に加われること、とっても光栄なのと同時に作品をけがすことのないよう精一杯「まやや」を生きたいと思います。いろんなことを吹っ切って、まややが「おぬしよくやったぞ」と労ってくれるよう、頑張りたいと思います。

■ジジ役:篠原ともえ

アニメ化もされている「海月姫」の世界に飛び込めるのがとても嬉しいですっ!
私の役はジジという、おじ様好きのキャラクターなので、撮影中は“ジジオタク”の世界を存分に楽しみたいと思います☆

■原作者:東村アキコ

実写化不可能と思っていたこの漫画が、最高のキャストでまさかの映画化!!
びっくり&嬉しいです!!
私も息子のごっちゃんも、アシスタントさんたちもみんな能年さんの大ファン!
月海が能年さんに決まったと聞いたときは、みんな、〆切を放り出して近所の赤提灯に乾杯しにいきました!!
どうしようもないオタ女子をたくさん集めて尼~ず試写会や、女装男子を集めた試写会をやりたいです!
2013年、日本を元気にしてくれた能年さんが、もういっかい日本を元気にしてくれる、そんな映画になると… 勝手に保証します!!これぞ日本のオタク文化と、カワイイ文化の融合だああああ!!

映画『海月姫』は2014年12月ロードショー。
http://www.kuragehi.me

(C)LesPros entertainment.Co.,Ltd.

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。