ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

21世紀のチョウチン!『PAPERMOON 05』(ペーパームーン)でGO!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

PAPERMOON(ペーパームーン)05



 

現代版チョウチン。まあ、確かに居酒屋や屋台の赤ちょうちんも現代のチョウチンですが、それじゃあオヤジ臭いじゃないですか。やっぱり部屋に置くとホンワリしてちょっと自分に酔うことができる、そんなチョウチンがほしいものです(私だけですか?)。そんな私やアナタにピッタリなのが、ホンワリして情緒豊かな現代版チョウチンの『PAPERMOON 05』(ペーパームーン)です!
 

PAPERMOON(ペーパームーン)05


 

『PAPERMOON 05』は当然ながら、チョウチンとしての役目もちゃんとあり、照明器具として活用できます。形状がどこにでも置けるようなタイプなので、場所を限らず好きな所に設置できますよ。できればベッドルームに置きたいものですが、リビングにおいて、証明はこの『PAPERMOON 05』だけという感じで、オトナな雰囲気を出してもいいですね。
 


 

このチョウチンの素材は、現代版チョウチンというだけあって、和紙でできています。普通の紙ではなく、ちゃんと和紙で作り上げているところが、今も昔も職人のなせる技といえるでしょう。この品物自体が素晴らしいのですが、このデザインには秘密がありまして、ななんと、日本を代表するデザイナー・内田繁先生のデザインなのです!
 


 

この “和” でありながら “洋” にも溶け込む不思議で情緒豊かなデザインの『PAPERMOON 05』は、どんな家に引っ越したとしても、どんな部屋に置いたとしてもシックリくる、その部屋の良さを何倍にもしてくれるアイテムといえるでしょう。
 


 

ちなみに、この『PAPERMOON 05』は “05” という番号からもわかるとおり、シリーズの5作目になります。現代版チョウチン『PAPERMOON』シリーズにはさまざまな形がありますので、『PAPERMOON 05』以外にもチェックしてみるといいかもしれませんね。
 

 
 

『PAPERMOON 05』に関する情報はこちら

インテリア雑貨『J.パルス』公式サイト

『PAPERMOON 05』の最安値一覧はこちら

この記事の配信元はこちら(未来検索ガジェット通信)

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
otonari3の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。