体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Adobe CS5】ありえない!『Adobe Photoshop CS5』の超強力な機能アレコレ

Photoshop 20周年

アドビ システムズから、『Adobe Creative Suite 5』の製品群に関する発表が、4月12日に一斉に行われました。どの製品もユーザーからの声を取り入れたアップデートが行われ「全部欲しい」というユーザーの声がネットのあちこちから聞こえてきています。

中でも『Adobe Photoshop CS5』(以下『Photoshop CS5』)においては、「Photoshop生誕20周年」ということもあり、気合の入り方も一味違ってたように感じました。記者発表の場でも、機能拡張に関する熱のこもった説明に時折拍手や歓声が起こるほど。そんな『Photoshop CS5』での新機能などを順に追っていきたいと思います。
※すべての写真をご覧になるにはこちら (写真と一緒に見たほうが、イメージがつかみやすいかと思います)

– 増えた製品群と、管理の連携

製品群すみわけ

写真関連製品としては、『Adobe Lightroom』や『Adobe Bridge』そして『Photoshop CS5』などが存在し、いったいどれをどう使ったらよいのだろう、と困惑する人が多いかもしれません。おおまかには、撮った写真の選択・管理、現像までを『Lightroom』で行い『Photoshop』で加工やレタッチをするという役割配分がベストのようです。選択・管理には他のアドビアプリケーションとの連携強化がなされた『Bridge』を使うのもかなり有効です。

– Macもネイティブに64bit対応

64bit化

Windowsでは既に一部64bit対応されていたことで、やきもきしていたMacユーザーにも朗報となる、「ネイティブ64bit対応」。今回の64bit対応に際し『Photoshop』の根幹部分からの見直しをはかり全体のパフォーマンスも向上しているというアナウンスがありました。膨大なメモリ空間を必要とするアプリケーションの代表格ともいえる『Photoshop』だけに、安定性も含めてパフォーマンスがアップするのだとすれば、最高の歓迎に値する機能強化と言えるでしょう。

– HDR Pro、レンズ補正などカメラ寄りの機能強化
ダイナミックレンジを広げた写真を作成する“HDR Pro”機能がさらに強化されました。“HDR”というのは、「ハイダイナミックレンジ」の略で、暗い部分と明るい部分をうまく合成して影の“黒つぶれ”や明るい部分の“白トビ”をなくした画作りを行える機能のこと。これまでもHDR機能は実装されていましたが、今回強化されたのは『ゴーストを除去』

まずHDR画像を作成するのに必要なのは、「暗い部分や明るい部分に特化した複数の写真」。暗めの写真や明るめの写真を合成してHDR画像が作成されます。しかし、風景であれば風が吹く事で葉が多少そよいでしまうこともありえます。

HDR ファイル

こうした同じ場面でもいくつかの写真を撮る事で若干の“ブレ”が生じる可能性は考えられます。そんなときに「ゴーストを除去」のチェックを入れると、“ブレ”部分の補正を自動的に行ってしまうのです。画が何事もなく“締まる”様は、ちょっと感激です。

HDR 鉄線ぶれ HDR ゴースト除去 HDR ゴースト除去後

『レンズ補正』は各カメラレンズの特性を考慮して、歪曲収差などを自動補正する機能。カメラ現像ソフトなどでもこうした機能はありますが、『Photoshop CS5』ではオンラインの更新も可能なので、最新レンズのデータにアップデートできてしまうのです。ちなみに現在、シグマなどのレンズメーカーとは強い協力関係にあるとのことです。

レンズ情報1 レンズ情報2
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。