ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふたたび精霊とデートしてデレさせろ! 一年ぶりに第二期スタート アニメ『デート・ア・ライブII』クロスレビュー[6.6/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014春アニメクロスレビュー『デート・ア・ライブII』

精霊――無垢なる少女の姿をした異界の存在。
そして、その可憐なる外見とは裏腹に、絶大な力を有する畏怖の対象。 彼女たちを無力化するには、ふたつの方法があった。 武力をもって殲滅する、もしくは――デートしてデレさせる!
来禅高校に通う普通の高校生だった五河士道は、 最初の精霊〈十香〉との遭遇をきっかけに、「精霊の力を封印する」という能力に目覚める。 強大な戦闘力を持つがゆえ、忌み、恐れられる存在であっても、 ずっと一人ぼっちで戦いと死しか知らなかった精霊たち。 この世界でただひとり、精霊の力を封印する能力を持った士道は、彼女たちを救うため、美しき精霊たちとの生死をかけた戦争〈デート〉に身を投じていく――。
精霊を殲滅しようとする者、救おうとする者。憎しみに駆られる者、利用しようとする者。様々な思惑が交錯する中、やがて世界を真に回す者たちが闇の底からその姿を現す。
そして士道もまた、自らの真実の姿を知ることに! 加速する物語が帰結するその先にあるものは!?
「〈王国〉が、反転した。さあ、控えろ人類」

制作/プロダクションアイムズ
監督/元永慶太郎
声優/島崎信長、井上麻里奈、富樫美鈴、竹達彩奈
4月11日よりスタート
TOKYO MX 毎週金曜日 25:35~
公式サイト:http://date-a-live-anime.com/[リンク]

2014春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

6.6/10点(レビュアー 5名)

鬼嶋ピロのレビュー

演出 8
脚本 8
作画 9
OP/ED 8
俺もデートをはじめたい度 10
-----
総合 8

富士見ファンタジア文庫のラノベ原作アニメの第二期な今作、デートww第1期は去年の春だったので、丁度1年前になりますなww
今作は世界の平和の為に「精霊とデートをしてデレさせる」がテーマですwww第2期とゆー事もあって既にデレているヒロインがいますが、その辺は前期を見るか調べるなりしましょうww
第1話からまりーな演じるメインヒロインの十香の乙女心が暴走してますが、面倒くさ可愛いので許しましょうwwwしかし、毎回これでは主人公の士道くんの身が持たないwwまぁキスすれば解決しますけどね、ぐぬぬwww
今シーズンでは更に新しいヒロインも追加されるみたいですし、果たしてどんな戦争(デート)をしていくのかwwあー、俺もデートしてぇwww

二宮係長のレビュー

演出 6
脚本 7
作画 6
OP / ED 7
ちょろイン度 9
-----
総合 7

1期から随分と間があっての2期で色々思い出すのに難儀したよ!たしかに「きなこパン」が好きだって話は1期で出てた気がする!制作会社が1期と違うので若干空気が変わっているものの相変わらず背景が町田市で安心した。
十香がめちゃめちゃ面倒くさいキャラになってて時空震待ったなし状態だけど士道さん大丈夫ですかね。最終的に何股するんですかね。あとは今回から視聴始めた人には色々ピンとこなくてもう少し説明欲しいだろうなって感じですかね。狂三ちゃんにも期待!

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 7
脚本 6
作画 7
OP / ED 7
王道ギャルゲー度10
-----
総合 7

2期目ということで1話はデート・ア・ライブってどんなアニメだっけ?という部分と女の子キャラの紹介で使い切るという潔い1話。登場する女の子は精霊という別次元の生命体で人間界では天災を引き起こすのでやっかいという世界観で、
主人公は精霊とデートしてキスしてデレデレにさせると精霊の引き起こす天災を抑えることができるので人類と精霊の両方がハッピーになります。ですので、ギャルゲーの女の子がだんだん落ちていく展開が好きな方はぜひ。ただし1期ヒロインはすでに落ちた状態からスタートなのでまた新たな女の子が登場するんでしょうね。

ジョージ・レックのレビュー

演出 4
脚本 4
作画 4
OP / ED 5
肩透かし度 7
-----
総合 4

新規視聴者はいらないって判断できるほど信者も人気も獲得できてないと思うんだけどこの説明の雑さは何ネ。精霊と時空震、彼女たちの軽い説明、最低限これくらいは丁寧にちゃんとやっておかないとNoよ。前期の放送開始は1年前じゃん。しかも初回でこの作画はヤバイ。視聴者はもちろんスタッフ自身も「デート・ア・ライブってどんな感じだったっけ」って探り探りで作ってるんじゃないかと疑う1話だった。スタートダッシュしくじってるんで「2期なんてなかった」なんてことにならないといいけどネ。ジョージ心配ネ。

srbnのレビュー

演出 7
脚本 7
作画 7
OP / ED 8
デートしましょう 10
-----
総合 7

1期と2期の間に色々なアニメを観た結果、鳶一折紙が『のうコメ』の変態に見えるようになってしまいました。そう思った途端、女子トイレに主人公を連れ込むので何のアニメ観てたっけなと混乱しました。2期特有の、途中でものすごく強引に世界観を説明するところで思わず笑みがこぼれますね。よく考えたら、精霊云々の話がなければ勘違いしまくりの情緒不安定な女子を侍らせたクソハーレムアニメでした。主人公の行動理念が「新しい予定が入ったら上書きで優先する」というように見えたので、あんまりかっこよくないなあと思ったり。登場人物も増えるみたいなので、1期は完走したのでちょっと観てから決めます。

レビュアープロフィール

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

二宮係長
アニメと特撮ばっかり見てるラジオパーソナリティ。

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP