ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なにもかもが可愛い! 4コマ原作のきらきら日常系アニメ『ご注文はうさぎですか?』クロスレビュー[7.8/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014春アニメクロスレビュー『ご注文はうさぎですか?』

この春から高校に通うべく新しい街にやってきたココア。道に迷って偶然に喫茶ラビットハウスに入るが、実はそこが彼女が住み込むことになっていた喫茶店だった。ちっちゃくてクールなチノ、軍人気質なリゼ、おっとり和風な千夜、気品あふれる庶民派シャロと全方位的なかわいさの登場人物に、チノの同級生マヤ&メグ、常連客の青山ブルーマウンテン先生も加わって、ラビットハウスは今日もすべてがかわいい!

制作/WHITE FOX
監督/橋本裕之
声優/佐倉綾音、水瀬いのり、種田梨沙、佐藤聡美
4月10日よりスタート
TOKYO MX 毎週水曜日 22:30~
公式サイト:http://www.gochiusa.com/[リンク]

2014春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.8/10点(レビュアー 4名)

srbnのレビュー

演出 8
脚本 9
作画 8
OP / ED 9
ラビットハウスに行きたい度 10
-----
総合 8

今期の生きる支え枠である『ご注文はうさぎですか?』。CMで聞いてた時「“恋の”ご注文は〜」だと思ってたけどkoiっていうのは作者の名前だったんですね。タイトルを1話で回収したので、あとはもう思いっきり楽しめばいいだけです。とにかく何もかもがかわいいので、観るしかないんです。あんな喫茶店があったら通いますし、頼んでないのにラテアート書いてくる店員に「あ、こいつ俺に惚れてるな」って勘違いもしたいし、ティッピーに触れたりもしたいですよ。ところで、登場人物に『まんがタイムきらら』系列のキャラにそっくりな子が登場しているのに気づいた方も多いのではないでしょうか。護身術を駆使するツインテール、そう、『キルミーベイベー』のソーニャちゃんです。あー、ラビットハウス行きてえなあ! ちくしょう!

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 7
脚本 7
作画 8
OP / ED 7
可愛い女の子に癒やされる枠度 10
-----
総合 7

4コママンガのアニメ化というのがわかりやすい構成ですがラビットハウスという喫茶店で働く女の子たちの生活を可愛く描くという必要不可欠の枠を抑えております。
可愛くキラキラした女の子の日常系が好きで、会話の好みが合えばオススメできます。アニメ自体も丁寧に作られておりいい感じですね。

二宮係長のレビュー

演出 7
脚本 7
作画 8
OP / ED 7
次回予告渋い度 9
-----
総合 7

うさぎ?これうさぎ?不思議な生き物で日本語喋ってるけどうさぎ?しかも声が清川元夢さんだからそりゃ渋いわ、父親は速水奨さんだし男性陣渋すぎる。『まんがタイムきらら』系らしく実にカワイイアニメでございます。ココアとチノは職場だけじゃなく寝泊まりも一緒とはやってくれますね。風呂シーンも自然に入れてくる。かわいいので見ます。1日の疲れを癒やすために見ます。

鬼嶋ピロ

演出 9
脚本 8
作画 9
OP/ED 8
今期のほのぼの癒し枠筆頭候補度 10
-----
総合 9

今期の女の子日常系ほのぼの作品有力枠っぽい今作、ごちうさwww前評判が高いイメージがありますww
しかし、これは作画が良いですなwwwキャラも可愛く描かれている上によく動いていますし、背景のヨーロッパの街並みみたいな世界観も実に素晴らしいですwwこれはカメラワークも見やすく作っている気がするww
女の子ほのぼの日常系はキャラにぶひれるかと、その世界の空気感を表現する作画の良さがかなり大事だと思いますが、今作はなんとも丁寧に作られているのが伝わってきますwww
とりま、第1話から下着姿やお風呂シーンを披露するとゆーサービスもきっちり行き届いたお店みたいですwwwお店の制服姿も可愛いですし、カフェでの女の子達のキャッキャウフフに癒されればOKかとww個人的な好みとしては黒髪ツインテキャラの髪下ろしてる時が良いかなと思ったりww
マスコットっぽい可愛らしいウサギが人語を喋る上に清川さん(エヴァの冬月さん)とか予想外でしたwwwマスターの速水奨さんとの良い声での次回予告は毎回楽しめるのかなと期待しておきますwww

レビュアープロフィール

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

二宮係長
アニメと特撮ばっかり見てるラジオパーソナリティ。

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP