体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone OS 4にみる、アップル本気の『どくさいスイッチ』

MobileHackerz再起動日記

注目のiPhone OS 4 の発表から読み取れるアップルの戦略について、MobileHackerzさんのブログ『MobileHackerz再起動日記』からご寄稿いただきました。

iPhone OS 4にみる、アップル本気の『どくさいスイッチ』
日本時間2010年4月9日午前2時すぎ、iPhone OS 4が発表されました。このOSは『iPhone』の今後を占う意味で非常に重要なものと思います。

ユーザ視点からはマルチタスクが目を引きますが、そういった“機能拡張”という方向のいわば順当なバージョンアップにとどまらず、このOSにはアップルのプラットフォーム戦略が色濃くあらわれています。ひとことで言うと“猛烈な囲い込み”。それはある意味『ドラえもん』に登場した『どくさいスイッチ』的な激しさで。

iPhone OS 4ではさまざまな新機能が発表されましたが、なかでも『iAd』機能からアップルの姿勢を読み解くことができます。

『iAd』はiPhoneアプリケーション内に広告を配信するシステムで、HTML5で記述したバナー+広告アプリケーションをiPhoneアプリケーションに埋め込むことが可能となるものです。

以前、アップルのスティーブ・ジョブズ氏はGoogleの携帯電話事業参入に際して
——
「我々は検索ビジネスに参入していないのに、奴らは電話ビジネスへと参入してきた。」*1
——
*1:「新たな「シリコンバレーの戦い」に突入したAppleとGoogle」 2010.03.15 Junya Suzuki 『マイコミジャーナル』
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/03/15/apple_google/

と語ったそうですが、実際のところGoogle のメインの収益源は検索というよりもその上のオンライン広告です。Googleの『AdSense/AdWords』というキーワード広告・コンテクストマッチ広告はGoogleの収益源のほとんどを占めており、それは言い換えれば「Googleは世界最大の検索事業者である以上に、世界最大のオンライン広告代理店である」ことを示します。

そして、『iAd』ではアップルが広告の代理店として機能する……つまり、アップルはここでついに「Googleの領分」に一歩踏み込みました。とうとう「奴ら」のビジネスへ参入したのです。さらに、GoogleはAdMobという会社を買収し、iPhoneアプリへの広告を手中にしたところでした。

広告ビジネスは、その枠組を作るだけでは機能しません。露出する媒体(=『iAd』を組み込んだiPhoneアプリ)だけではなく、その量に応じて広告を出稿するクライアント(顧客)も必要なのです。オンラインのコンテクストマッチ広告はいろいろな業者が参入している分野でもありますが、その中で飛び抜けてGoogleが強いのも実はここ。既に広告を出稿している膨大なクライアントがいるから「広告枠に広告が表示される」し、「広告があるから広告枠(露出)も増える」という循環がまわっているのが強みなのです。

『iAd』では、HTML5によるインタラクティブな広告を埋め込むことができる……とされています。それは言い換えればiPhone用にコストをかけて広告を作り込む必要があるということでもあります。今後『iAd』を埋め込むアプリ作者はどんどん出てくると思いますが、それに見合うだけの広告出稿者が出てくるかどうか。『iAd』の成否はここにかかっていると思います。

……というところまでは当然アップルも想定していることだと思うのですが、そこで「『iAd』の運営を自社でやる」と決定したことが興味深いところです。広告代理店業務はアップルにしてみれば門外漢のビジネスのはず。AdMob(=Google) やトラフィックゲートなどの既存の広告プラットフォーム *2 には既に顧客がついているはずですが、それをリセットして顧客をゼロから集めなければいけないのは当然リスクです。が、そのリスクを負ってでもプラットフォームを自社で構築する、というのが実にアップルらしい判断だと思います。
*2:「iPhoneアプリに広告を挿入してガッチリもうけるのだ」 2009.11.16 山崎潤一郎 『アットマーク・アイティ』
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/column/narumono36/01.html

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。