ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

QualcommがLTE-Advanced Category 6対応の64bitプロセッサ「Snapdragon 810/808」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Qualcommは4月7日、同社のモバイル向けプロセッサ「Snapdragon」ファミリーの新シリーズとなる「Snapdragon 810」と「Snapdragon 808」を正式に発表しました。Snapdragon 810/808は、Snapdragonファミリー最上位の「Snapdragon 800」シリーズに属する製品で、Snapdragon 800シリーズでは初となる64bit対応プロセッサです。また、下り最大300MbpsのLTE-Advanced Category 6の第4世代Gobiモデムとの互換性も持っています。どちらもサンプル出荷は2014年後半より開始され、搭載製品は2015年上半期に発売される見込みです。年内に出荷されるSnapdragon 805の後に登場することになると思います。2015年のハイエンドモデルではこれが主流になりそうです。Snapdragon 810はこれまでに発表された中でも最上位のSoCです。CPUはARMv8-AのCortex-A57×4+Cortex-A53×4GPUはAdreno 430(Adreno 420比では30%グラフィックス性能向上、100%gpgpu性能向上、20%省電力化)LPDDR4 RAMをサポート4Kディスプレイ(3,840×2,100ピクセル)をサポート最大4K(2160p)@30fpsの動画撮影や最大1080p@120fpsのスローモーション撮影をサポート(ジャイロスタビライゼーションと3Dノイズリダクション機能も追加)14-bitのデュアルISPs(Image Signal Processors)では1.2GP/sのスループットを発揮、最大5,500万画素プライマリカメラをサポートHDMI1.4経由の4K出力をサポート2X2 MIMO Wi-Fi acをサポートBluetooth 4.1、USB 3.0、NFC、Qualcomm IZatをサポートSnapdragon 808はSnapdragon 810の下位モデルになります。CPUはARMv8-AのCortex-A57×2+Cortex-A53×4GPUはAreno 418(Adreno 330比で20%グラフィックス性能向上)メモリインタフェースはLPDDR3まで2K(2,560×1,600ピクセル)のディスプレイをサポート12bitのデュアルISPs(Image Signal Processors)を搭載HDMI1.4経由の4K出力をサポートフルスペックはまだ公開されてないようです。そのため、この記事のスペック情報は完全なものではありません。Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
日本交通のタクシー配車アプリが「auかんたん決済」に対応
HTC One(M8) Google Play EditionにはDuo Cameraの「UFocus」や「Dimension Plus」、Motion Launchジェスチャー、BoomSoundオプションが実装
Koush氏が「AllCast」や「Mirror」からの映像・音声を受信する新アプリ「CastReceiver」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP