体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[量★5、味★5]のコスパ抜群グルメ・「焼きトロ丼」(割烹さいとう)と「がぶ丼」(がぶ)を試食してみた

top_saitou_gabu

今回、“コスパ抜群のグルメ”を見つけたのは『週刊ジョージア』というアプリから。『週刊ジョージア』は1月27日から公開されている無料のスマホ・マガジン。App Storeのアプリランキングで総合1位の実績もあったそうだ。

週刊ジョージア表紙

たしかにコラムあり、マンガあり、グラビアありの盛りだくさんの内容ながら更新頻度も高い。加えて、コンテンツの質が高いので、どこから読み始めてもハマってしまう魅力もあるのだ。今回はこの中の「男のガッツ飯」というコーナーに注目。
こちらはグルメレポートを兼ねた店舗紹介なのだが、掲載されているメニューが「美味ながらもボリュームもある!」という実に理想的な内容。
正直に言うと実は、個人的にも忙しいさなかについつい読みふけるほど気になってしまっていたという経緯もあり、いくつかの店舗に興味がわいていたのだ。

ガッツリ!男メシ

一体、どのくらい“コスパ抜群のグルメ”なのだろう……。今回、好奇心に後押しされながら2店舗の2品をチョイスし、実際に試食レビューを行ってみた。

男のガッツ飯

1店舗目は、『割烹さいとう』の『焼きトロ丼』。

『焼きトロ丼』(割烹さいとう)

「割烹さいとう」(以下さいとう)は、同名の魚屋さんと隣接する和食のお店。仕入れた新鮮な魚をボリューム抜群で安価に提供するということで、すでに人気の高いお店なのだとか。

さいとう軒先 さいとう提灯 魚屋と隣接

入谷駅4番出口から徒歩わずか1分。この日はあいにくの雨で、なおかつランチタイムのピークを過ぎた午後1時でも、20人ほどの行列ができていた。

入谷 行列

並んでいる間にお店の人が注文を取りに来てくれる。
代表的なメニューはこちら。

・海鮮丼:850円
・海鮮丼(具の大盛り):1050円
・特上海鮮定食:2500円
・マグロ中落ち丼;950円
・焼きトロ丼:1050円

(ちなみに裏メニューとして、『メガ海鮮丼 2100円』があるらしい。量は具の大盛り海鮮丼の2倍以上だとか)

メニュー

今回は、人気の『海鮮丼』に引けを取らないという、『焼きトロ丼』を注文した。

『週刊ジョージア』の記事によれば、まるで肉のような中トロが出てくる、ということなのだが、実際はどうなのだろうか。
混み合う店内は家族連れ、サラリーマンなどで常に満席だ。著名人のサインが数多く飾られ、気取らない雰囲気の居心地の良さがある。

さいとう店内

待つこと数分、出てきた『焼きトロ丼』……「え?刺し身の盛り合わせ?」と見まごうばかりのトロの量だ。
名前こそ「丼」となっているが、さいとうの『焼きトロ丼』はお皿に平盛となっている。

焼きトロ丼 焼きトロ丼アップ1
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy