ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel、IDF 2014でAndroid 4.4.2用の64bit対応カーネルの提供を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intelが4月2日より中国・深センで行われている開発者向けフォーラム「Intel Developer Forum 2014」でAndroid 4.4.2用の64bit対応カーネルの提供を発表しました。これは、Intelのシニア・バイス・プレジデントを務めるKirk Skaugen氏が14nmプロセスを採用した次世代SoC”Braswell”やQVOD Technology製の”Media Box”を発表した中で一緒に紹介されたことです。Skaugen氏はIDF 2014のステージ上で、IAアーキテクチャーに最適化された64bit対応のAndroid 4.4(KitKat)向けLinuxカーネルのリリースを発表しました。”今回のリリースでは同社がIA上にAndroidのオープンソースコードを移植し、テスト・検証を行いました。通常、このような作業は開発者側で行なう必要がありますが、今回は当社がその作業を引き受けました。今回のリリースによって、次世代デバイスを開発するための64bit対応カーネルがエコシステムを供給されることになります”と述べました。Skaugen氏はこのほかにも、IntelのLTEマルチモードモデム「XMM7260」で中国移動のTD-LTEとTD-SCDMAをサポートすることも明らかにしました。Source : CNET



(juggly.cn)記事関連リンク
「nasne ACCESS」がv1.20にアップデート、音楽の全曲リピートやシャッフル再生に対応、写真の表示方法も刷新
Galaxy S 5 Zoomの製品写真が流出?
Qrank(クランク) : ユーザー投稿型の新しいランキングアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP